一中節・河東節(いっちゅぶし・かとうぶし)

江戸時代中期、浄瑠璃[語りもの音楽]の流行とともに、京都や江戸でもさまざまな流派が誕生します。都一中(みやこいっちゅう)[1650-1724]が京都で始めた一中節、その弟子が江戸で大評判を取った豊後節とその系列の浄瑠璃や、享保年間[1716-1736]に江戸で生まれ、人気を博した河東節などが代表的です。

  • 一中節・河東節
    • 一中節
    • 河東節
  • 一中節(いっちゅうぶし)

    京都で生まれた一中節は、後に江戸の浄瑠璃の主要な系統へと受け継がれていきます。

    詳細ページへ
  • 河東節(かとうぶし)

    江戸で生まれた河東節は、後に山田流箏曲へ影響を与えるなど、歌唱の発展に重要な位置を占めます。

    詳細ページへ

ページの先頭に戻る