一中節(いっちゅうぶし)

一中節は、元禄期[1688-1704]に、都一中(みやこいっちゅう)[1650-1724]が京都で始めた浄瑠璃(じょうるり)です。座敷で語ることが多く、人形芝居で語られることはありませんでした。京都や江戸で歌舞伎に出ることもありましたが、京都では次第に衰えてしまいました。一中節は、旋律の線が穏やかなこと、声や中棹(ちゅうざお)の三味線の音に厚みがあることが特徴です。後に、都一中の弟子、宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)[?-1740]が名古屋や江戸で歌舞伎に出て大評判となりました。この語りが豊後節(ぶんごぶし)です。しかし、哀艶*1で扇情的な語り口のため世間で心中事件が増えたとして弾圧を受け、豊後節は衰退してしまいます。

  • 一中節・河東節
    • 一中節
    • 河東節
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム
  1. *1哀艶:
    あでやかな美しさの中にも哀れさの感じられるさま。

ページの先頭に戻る