端唄・うた沢・小唄(はうた・うたざわ・こうた)

江戸時代後期の江戸では、歌舞伎舞踊などを通じて劇場音楽に親しんだ観客層が自ら演奏を楽しむようになります。三味線が爆発的に流行するとともに三味線と唄を習う人が増え、同好の士で集まったり、宴席の座興に披露したりするなど、武家や町人に広まりました。

  • 端唄・うた沢・小唄
    • 端唄
    • うた沢
    • 小唄
  • 端唄(はうた)

    江戸時代後期に江戸市中に広く流行した小曲です。後に、端歌からうた沢、小唄が生まれます。

    詳細ページへ
  • うた沢(うたざわ)

    幕末に端唄から派生した三味線歌曲で、歌をより重視した演奏に特徴があります。

    詳細ページへ
  • 小唄(こうた)

    幕末に端唄から派生した三味線歌曲で、端唄と比べてはやくさらっとした演奏が特徴です。

    詳細ページへ

ページの先頭に戻る