中世の小歌(ちゅうせいのこうた)

室町時代、上方を中心に小歌が流行しました。「小歌」とは、本格的で伝統的な歌曲「大歌(おおうた)」に対し、民間で歌われる世俗的な歌謡や、猿楽能(さるがくのう)*1田楽能(でんがくのう)*2の謡(うたい)、狂言小歌 (きょうげんこうた)などをさします。1518年[永正15年]に小歌に関する最も古い文献、『閑吟集(かんぎんしゅう)』*3が成立しました。詩型は、七五七五形、七七七七形、七五七七形など雑多です。「狂言」の中には、当時流行していた歌謡を劇中歌の形でそのまま取り入れたものがあり、中世の小歌の趣きを現在に伝えています。

  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 注釈・コラム
  1. *1猿楽能(さるがくのう):
    「猿楽の芸能」の意。能・能楽の古い呼び名。
  2. *2田楽能:
    田楽は歌と踊りによる田植えの祭礼です。田楽法師などの職業芸能家によって形を整えられたものが田楽能です。鎌倉末期より田楽衆が猿楽の能に学び田楽能を演じ盛行しましたが、やがて猿楽衆の能に圧倒され、衰えてしまいました。図は春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)で行われる田楽の様子です。この祭礼は奈良県奈良市の春日大社の摂社若宮で行われています。
    『春日若宮祭礼絵巻』 国立歴史民俗博物館所蔵
  3. *3 『閑吟集(かんぎんしゅう)』:
    311首の歌が収められています。序文によると、編者は「富士山を遠望できる地に住む僧」とあり、楽器とともに小歌をたしなんでいたことが記されています。編集にあたり、宴席などで人と交遊した昔を回想しつつ、忘れがたい思い出の記念に、その時代の代表的な歌を収録していることがわかります。

ページの先頭に戻る