秋保の田植踊あきうのたうえおどり

  • 仙台市教育委員会提供
  • 仙台市教育委員会提供
  • 仙台市教育委員会提供
  • 仙台市教育委員会提供
  • 仙台市教育委員会提供
  • 仙台市教育委員会提供
  • 仙台市教育委員会提供
    田楽
    田植踊
    動画あり

    秋保地区(宮城県)の馬場・長袋(ながふくろ)・湯元の3地区に伝わる田植踊の総称です。踊り手は、華やかな花笠をかぶった早乙女(さおとめ)を女子、道化役で口上(こうじょう)役でもある弥十郎を男子、そして鈴振りを年少の男子がつとめ、稲作の様子を美しく振り付けた所作で踊ります。また田植踊のほか、数曲の余興踊も伝わります。

    所在地

    宮城県仙台市太白(たいはく)区秋保町

    団体名

    秋保の田植踊保存会
    [湯元田植踊保存会、長袋の田植踊保存会、馬場の田植踊保存会]

    開催日

    4月29日:秋保大滝不動尊例大祭(馬場の田植踊)
    5月5日:泉明寺子育薬師祭(湯元の田植踊)
    10月スポーツの日:向泉寺小松如来大祭(長袋の田植踊)

      ページの先頭に戻る