文化デジタルライブラリー

人形浄瑠璃 文楽 BUNRAKU

あらまし

Introduction

「人形浄瑠璃文楽」は、日本を代表する伝統芸能の1つです。江戸時代に大坂で生まれ、今日まで脈々と受け継がれてきました。
語り手の声と三味線の音、そして人形の動きが三位一体となって物語を描きます。長い歴史の中で築き、受け継がれてきた人形浄瑠璃文楽は、時に人が演じるよりも観客の心に響きます。

ページの先頭に戻る