文化デジタルライブラリー

はじめての歌舞伎はじめての歌舞伎

ファンと錦絵(にしきえ)ファンと歌舞伎を絵がつなぐ

木版による印刷や出版が、大きく発展した江戸時代。新しいメディアに描かれた俳優たちの姿を通して、ファンと歌舞伎は、劇場以外の場でもつながることになります。

ページの先頭に戻る