文化デジタルライブラリー

はじめての歌舞伎はじめての歌舞伎

成り立ち歴史役柄の歴史は、歌舞伎の歩みに重なります。

歌や踊りからのはじまり

源流は「かぶき踊り」

『阿国歌舞伎図』
京都国立博物館所蔵

歌舞伎のはじまりは、江戸時代の初め頃(17世紀初め)。それまで長く続いた戦乱がおさまり、世の中が落ち着いてくると、新しい芸能が次々と生まれ人々は熱狂します。なかでも、歌舞伎の源流となったのは、「お国(おくに)」という女性が演じる「かぶき踊り」という、歌や踊りや寸劇による、ショーのような芸能でした。当時江戸や京で流行した、奇抜な格好で常識からはずれた行動に走る「傾き者(かぶきもの)」と呼ばれる者たちの、扮装やしぐさを取り入れて、大きな人気を集めました。

『阿国歌舞伎図』
京都国立博物館所蔵

流行と取り締まり

「かぶき踊り」は、次々と模倣され、まだ新しい楽器であった三味線も取り入れながら、たいへんな流行となりました。しかし、庶民だけでなく、武士や貴族まで熱狂するほどの人気となったため、風俗が乱れるという理由をつけて、女性による歌舞伎は禁止されてしまいます。少年による歌舞伎では、女性の役を得意とする少年も現れ、アクロバットのような芸や、人を笑わせる芸なども取り入れて、やはり人気を集めますが、しばらくのちに、また風俗の乱れを理由にして、禁止されてしまったのです。

ページの先頭に戻る