文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > ひもとく > 作品の概要 > 二段目 丞相名残の段

前のページに戻る

ひもとく | 作品の概要

二段目 丞相名残の段

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章
  • 次々に起こる奇瑞。丞相と苅屋姫、悲しい親子の別れ。

    平成19(2007)年9月<br>国立劇場小劇場 第160回文楽公演<br>『菅原伝授手習鑑』 丞相名残の段<br>菅丞相:吉田 玉女<br>公演記録写真(Y_D0100160050011)

    鶏の鳴き声を合図に人々は出立の支度をします。土師兵衛(はじのひょうえ)らが用意した贋迎えの怪しい輿に菅丞相(かんしょうじょう)が乗り込み一行は去っていきます。しかし立田前(たつたのまえ)の姿が見えないのを不審に思った覚寿(かくじゅ)の指示で探したところ、池の中から立田前の死骸が見つかります。宿禰太郎(すくねたろう)は自分が犯人であることを隠すため、死骸を池から引き上げた者こそ犯人であると主張しますが、立田前の口には噛みちぎられた太郎の着物の裾がありました。それが証拠になり、覚寿は立田前殺しの下手人の成敗をしようと、自らの手で太郎の腹に刀を突き刺します。

    平成19(2007)年9月<br>国立劇場小劇場 第160回文楽公演<br>『菅原伝授手習鑑』 丞相名残の段<br>菅丞相:吉田 玉女<br>判官代輝国:[5代目] 吉田 文吾<br>覚寿:吉田 文雀<br>苅屋姫:吉田 和生<br>公演記録写真(Y_D0100160051020)

    そこへ判官代輝国(はんがんだいてるくに)が丞相の迎えにやってきます。その時、丞相を連れて行った贋迎えが戻り、輿の中にいたのは木像だったので、本物の丞相を渡せと迫ったことで悪事が明るみに出て、太郎の父・兵衛も輝国に取り押さえられてしまいます。木像の奇端に覚寿も輝国も呆然とするばかりでした。

    出立の刻限となります。覚寿は丞相に、香を焚き染める伏籠(ふせご)に掛けられた小袖(こそで=絹の綿入れ)を贈ろうとします。その伏籠の中に苅屋姫(かりやひめ)を潜ませて会わせようとしたのですが、丞相は自分が罪人の身であることを理由に、顔を合わすことさえ拒みます。しかし本心では姫の顔を見たい、別れたくないという想いを一首の歌に託すのでした。

    • 菅丞相の涙
    • 菅丞相と苅谷姫との別れ
  • 老女の大役、覚寿

    平成19(2007)年9月<br>国立劇場小劇場 第160回文楽公演<br>『菅原伝授手習鑑』 丞相名残の段<br>覚寿:吉田 文雀<br>宿禰太郎:[3代目] 桐竹 勘十郎<br>公演記録写真(Y_D0100160035016)

    菅丞相(かんしょうじょう)の伯母にあたる覚寿(かくじゅ)は、数ある文楽の作品の老女の役の中でも大役とされ、『信州川中島合戦(しんしゅうかわなかじまかっせん)』または『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』の越路(こしじ)と、『近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)』の微妙(みみょう)とともに、表現至難な「三婆(さんばば)」の1つに数えられています。

    贋(にせ)の迎えが訪れ、丞相が出立する際の覚寿のセリフ「百日千夜留めたりとも、別るゝ時は変はらぬ辛さ」に万感の想いがこもります。娘の立田前(たつたのまえ)が婿の宿禰太郎(すくねたろう)に殺されたと知ると、自ら刀を取り太郎に立ち向かいます。その詞章は「大の男(おのこ)を仕留める老女、さすがに河内郡領の、武芸の形見残されし、後室とこそ、知られけれ」というもので、太夫の語りと三味線が覚寿のスケールの大きさを表しています。

    • 菅丞相の涙
    • 菅丞相と苅谷姫との別れ
    • 詞章をダウンロードする
    • この段のみダウンロードする
    • 全段一括ダウンロードする
    1. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.1)
    2. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.2)
    3. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.3)
    4. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.4)
    5. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.5)
    6. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.6)
    7. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.7)
    8. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.8)
    9. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.9)
    10. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.10)
    11. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.11)
    12. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.12)
    13. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.13)
    14. 二段目 丞相名残の段(詞章 P.14)
    • 進む
    • 戻る
作品の概要
  • 初段
    • 大内の段
    • 加茂堤の段
    • 筆法伝授の段
    • 築地の段
  • 二段目
    • 道行詞甘替
    • 安井汐侍の段
    • 杖折檻の段
    • 東天紅の段
    • 丞相名残の段
  • 三段目
    • 車曳の段
    • 茶筅酒の段
    • 喧嘩の段
    • 桜丸切腹の段
  • 四段目
    • 天拝山の段
    • 北嵯峨の段
    • 寺入りの段
    • 寺子屋の段
  • 五段目
    • 大内天変の段
名場面集
  • 許されぬ勘当
  • 菅丞相の涙
  • 菅丞相と苅屋姫との別れ
  • 白太夫と八重の悲嘆
  • 緊迫の首実検
  • 切なさ極まるいろは送り
作中の人間ドラマ
  • 3兄弟の運命
  • 親子の別れ
  • 師弟関係
主要人物相関図 知っておきたい基礎知識

ページの先頭に戻る