文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > ひもとく > 作品の概要 > 初段 築地の段

前のページに戻る

ひもとく | 作品の概要

初段 築地の段

  • あらすじ
  • 詞章
  • 時平の危害が道真の妻子に及ぶことを恐れ、御台所を北嵯峨へ隠し、丞相の一子・菅秀才は武部源蔵夫婦に託されます。

    平成19(2007)年9月<br>国立劇場小劇場 第160回文楽公演<br>『菅原伝授手習鑑』 築地の段<br>梅王丸:吉田 玉志<br>菅秀才:吉田 玉翔<br>戸浪:桐竹 紋豊<br>武部源蔵:吉田 玉輝<br>公演記録写真(Y_D0100160030033)

    斎世(ときよ)親王と苅屋姫(かりやひめ)の仲が明らかになり、「親王を皇位につけ娘を后にしようと、陰で糸を引く首謀者は丞相(しょうじょう)である」と、藤原時平(ふじわらのしへい)が讒言(ざんげん)したため、丞相は官位剥奪(はくだつ)の上、太宰府に流罪と決まります。丞相から伝授を受けられなかった弟子の希世(まれよ)は時平方に寝返り、仕返ししようとしますが、梅王丸(うめおうまる)が制して丞相を救います。なおも希世を懲らしめようとする梅王丸を丞相が諌め、仕方なく梅王丸は丞相とともに館へ入り蟄居(ちっきょ)します。

    そこへ丞相の大事を知った源蔵夫婦が現われ、菅秀才(かんしゅうさい)だけでも落ち延びさせようと梅王丸は館の塀の上から秀才を源蔵たちに託します。源蔵夫婦と菅秀才は寺子屋のある芹生の里(せりょうのさと)を目指し落ちのびていくのでした。

    • 詞章をダウンロードする
    • この段のみダウンロードする
    • 全段一括ダウンロードする
    1. 初段 築地の段(詞章 P.1)
    2. 初段 築地の段(詞章 P.2)
    3. 初段 築地の段(詞章 P.3)
    4. 初段 築地の段(詞章 P.4)
    5. 初段 築地の段(詞章 P.5)
    6. 初段 築地の段(詞章 P.6)
    • 進む
    • 戻る
作品の概要
  • 初段
    • 大内の段
    • 加茂堤の段
    • 筆法伝授の段
    • 築地の段
  • 二段目
    • 道行詞甘替
    • 安井汐侍の段
    • 杖折檻の段
    • 東天紅の段
    • 丞相名残の段
  • 三段目
    • 車曳の段
    • 茶筅酒の段
    • 喧嘩の段
    • 桜丸切腹の段
  • 四段目
    • 天拝山の段
    • 北嵯峨の段
    • 寺入りの段
    • 寺子屋の段
  • 五段目
    • 大内天変の段
名場面集
  • 許されぬ勘当
  • 菅丞相の涙
  • 菅丞相と苅屋姫との別れ
  • 白太夫と八重の悲嘆
  • 緊迫の首実検
  • 切なさ極まるいろは送り
作中の人間ドラマ
  • 3兄弟の運命
  • 親子の別れ
  • 師弟関係
主要人物相関図 知っておきたい基礎知識

ページの先頭に戻る