文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > ひもとく > 作品の概要 > 初段 筆法伝授の段

前のページに戻る

ひもとく | 作品の概要

初段 筆法伝授の段

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章
  • 菅丞相の書道の弟子・武部源蔵が書道の奥義である筆法を伝授されます。そうした中、丞相の身に危機が迫ります。

    平成19(2007)年9月<br>国立劇場小劇場 第160回文楽公演<br>『菅原伝授手習鑑』 筆法伝授の段<br>菅丞相:吉田 玉女<br>公演記録写真(Y_D0100160028022)

    筆法を伝授せよとの勅命を受けた菅丞相(かんしょうじょう)は、館の一室に籠もり、弟子の誰に伝授するか思案していました。弟子のひとり、左中弁希世(さちゅうべんまれよ)は自分こそ筆法の伝授を受ける資格があると思い込んでいましたが、人格的に未熟で、まるで問題になりません。丞相はかつて弟子として仕えていた武部源蔵(たけべげんぞう)こそ伝授にふさわしい者と考え、館に呼びます。

    源蔵は同じ館に仕えていた腰元の戸浪(となみ)と許されない仲になり、その不義の罪で丞相から勘当され、今は寺子屋の師匠をしながら貧しい暮らしをしています。丞相は源蔵に自らの前で文字を書かせます。漢詩も和歌も見事な出来ばえで、丞相は源蔵に筆法伝授の一巻を与えました。源蔵はむしろ勘当をゆるしてほしかったのですが、それはかないませんでした。そこへ参内(さんだい)せよとの知らせがあり、急ぎ丞相は出かけます。

    • 許されぬ勘当
  • 神聖な伝授場に菅丞相が登場

    平成19(2007)年9月<br>国立劇場小劇場 第160回文楽公演<br>『菅原伝授手習鑑』 筆法伝授の段<br>武部源蔵:吉田 玉輝<br>菅丞相:吉田 玉女<br>公演記録写真(Y_D0100160040027)

    勅命を受けて弟子に書道の奥義である筆法を伝授することになった菅丞相(かんしょうじょう)。しめ縄を張った神聖な伝授場における丞相は、品位と風格を湛えています。太夫(たゆう)も初段のクライマックスとしての重さを持って語ります。

    気品ある「孔明」のかしら

    菅丞相の役に使われる首(かしら)は「孔明(こうめい)」という名称です。気品があり意志の強さと慈愛に満ちた表情をもつこの首(かしら)は、時代物の公家(くげ)や家老といった役柄に使われます。こういった役柄では動きが少なく、微妙な動きによってさまざまな感情を表現する技が必要とされるため、ベテランの人形遣いが担当するケースがほとんどです。

    作品の外題はここから

    物語の外題(げだい)『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』とは、「菅丞相(かんしょうじょう)こと菅原道真(すがわらのみちざね)の弟子である武部源蔵(たけべげんぞう)が、丞相から書道の奥義である筆法を伝授され、寺子屋の師匠として手習を教えている。そうした姿は弟子の鑑、つまり「手本となるような人物だ」という意味です。

    物語の展開を示唆する不吉な予兆

    物語の終盤、内裏から急に呼び出された菅丞相が束帯に着替えて出かけようとすると、冠が落ちてしまいます。不吉な予感を覚えながら丞相は出かけるのでした。この先の悲劇を暗示する場面といえるでしょう。

    • 許されぬ勘当
    • 詞章をダウンロードする
    • この段のみダウンロードする
    • 全段一括ダウンロードする
    1. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.1)
    2. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.2)
    3. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.3)
    4. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.4)
    5. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.5)
    6. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.6)
    7. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.7)
    8. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.8)
    9. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.9)
    10. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.10)
    11. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.11)
    12. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.12)
    13. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.13)
    14. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.14)
    15. 初段 筆法伝授の段(詞章 P.15)
    • 進む
    • 戻る
作品の概要
  • 初段
    • 大内の段
    • 加茂堤の段
    • 筆法伝授の段
    • 築地の段
  • 二段目
    • 道行詞甘替
    • 安井汐侍の段
    • 杖折檻の段
    • 東天紅の段
    • 丞相名残の段
  • 三段目
    • 車曳の段
    • 茶筅酒の段
    • 喧嘩の段
    • 桜丸切腹の段
  • 四段目
    • 天拝山の段
    • 北嵯峨の段
    • 寺入りの段
    • 寺子屋の段
  • 五段目
    • 大内天変の段
名場面集
  • 許されぬ勘当
  • 菅丞相の涙
  • 菅丞相と苅屋姫との別れ
  • 白太夫と八重の悲嘆
  • 緊迫の首実検
  • 切なさ極まるいろは送り
作中の人間ドラマ
  • 3兄弟の運命
  • 親子の別れ
  • 師弟関係
主要人物相関図 知っておきたい基礎知識

ページの先頭に戻る