文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > ひもとく > 名場面集 > 白太夫、八重の悲嘆

前のページに戻る

ひもとく | 名場面集

三段目:桜丸の切腹段 白太夫、八重の悲嘆 三段目のクライマックス、桜丸が菅丞相流罪の責任を取り切腹する、壮絶な場面です。

平成26(2014)年4月5日~27日 第134回文楽公演 国立文楽劇場 浄瑠璃 [7代目] 竹本 住大夫(たけもと すみたゆう)、三味線[5代目] 野澤 錦糸(のざわ きんし)、人形役割 白太夫:吉田 玉也(よしだ たまや)、桜丸:吉田 蓑助(よしだ みのすけ) 八重:吉田 文雀(よしだ ぶんじゃく) 登場する首(かしら) 白太夫(したらゆう):白太夫、若男(わかおとこ):桜丸、娘(むすめ):八重
この場面の詞章:「そなたも泣きやんな、ヤア」「アヽ、アイ」「泣くない」「アヽ、アイ」「泣きやんない」「ア、アイ」「泣くない」「アイアイ…」
見どころ

全身をふるわせ、袂(たもと)に顔を埋める桜丸の妻・八重の悲しみ、覚悟を決めながらも涙にくれる白太夫の父親としての嘆きを、人形遣いが表現します。

聴きどころ

白太夫(しらたゆう)と八重(やえ)。太夫はふたりの覚悟と悲しみを語り分けます。途中から入る三味線の追い込むような音色と相まって、物語はクライマックスを迎えます。白太夫は涙を堪える八重に向かって「泣くない」となだめますが、次第に感極まって、ふたりとも泣きくずれます。

作品の概要
  • 初段
    • 大内の段
    • 加茂堤の段
    • 筆法伝授の段
    • 築地の段
  • 二段目
    • 道行詞甘替
    • 安井汐侍の段
    • 杖折檻の段
    • 東天紅の段
    • 丞相名残の段
  • 三段目
    • 車曳の段
    • 茶筅酒の段
    • 喧嘩の段
    • 桜丸切腹の段
  • 四段目
    • 天拝山の段
    • 北嵯峨の段
    • 寺入りの段
    • 寺子屋の段
  • 五段目
    • 大内天変の段
名場面集
  • 源蔵夫婦の苦悩
  • 菅丞相の涙
  • 菅丞相と苅屋姫との別れ
  • 白太夫、八重の悲嘆
  • 緊迫の首実検
  • 切なさ極まるいろは送り
作中の人間ドラマ
  • 3兄弟の運命
  • 親子の別れ
  • 師弟関係
主要人物相関図 知っておきたい基礎知識

ページの先頭に戻る