文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > ひもとく > 作中の人間ドラマ > 3兄弟の運命

前のページに戻る

ひもとく | 作中の人間ドラマ

3兄弟の運命

菅丞相と藤原時平の対立は兄弟3人の運命を翻弄します。菅原道真が詠んだとされる和歌に暗示されるその運命とは。

  • 左:梅王丸(長男)、中央:松王丸(次男)右:桜丸(三男)
左:梅王丸(長男)、中央:松王丸(次男)右:桜丸(三男)

梅王丸(うめおうまる)・松王丸(まつおうまる)・桜丸(さくらまる)の三つ子の兄弟たちの名前は、菅原道真(すがわらのみちざね)が詠んだとされている「梅は飛び 桜は枯るる世の中に 何とて松のつれなかるらん」という和歌から取られています。三つ子ではありますが、梅王丸は長男、松王丸は次男、桜丸は末っ子という設定で、梅王丸は菅丞相(かんしょうじょう)、松王丸は藤原時平(ふじわらのしへい)、桜丸は斎世(ときよ)親王に仕えています。「理屈めいた」人相は梅王丸。「根性の悪そうな」面構えは松王丸。桜丸は二枚目なのに「締まりのない」顔つきと、白太夫(しらたゆう)が憎まれ口をききつつ、倅たちを評しています。

平穏だった兄弟たちの運命が一変するのは、丞相が時平に陥れられ流罪になった後のこと。主人たち同様、梅王丸・桜丸と松王丸は対立する立場となってしまうのです。

三つ子が生まれたことで、菅丞相の口ききがあり、朝廷から扶持をもらった白太夫。丞相の下屋敷がある佐太村(現:大阪府守口市)でご主君の愛樹の梅松桜を預かって安楽に暮らし、倅たちも牛飼舎人(うしかいとねり)となったわけですから、悠々自適の毎日でした。菅丞相は兄弟たちが元服するときの親代わりである烏帽子親(えぼしおや)にもなっており、一家は深い恩義を感じています。

そのために松王丸は主家と家との板挟みとなって苦悩しなければなりませんでした。根性の悪そうなと親にも誤解される松王丸は、親兄弟にもその苦しみを理解してもらえず、四段目「寺子屋の段(てらこやのだん)」の悲劇でようやく真情が明らかとなります。

桜丸は妻・八重(やえ)と共に斎世親王と苅屋姫(かりやひめ)の逢瀬の手引きをしますが、それが露見して菅丞相失脚の原因となった責任を感じて自害します。

梅王丸は流罪となった菅丞相の後を追って太宰府へ行き、丞相と再会します。

このように、名前だけでなく兄弟たちの運命も「梅は飛び(=筑紫国まで後を追ってきた) 桜は枯るる(=自害してしまった)世の中に 何とて松のつれなかるらん(=時平に味方するつれなさ)」の和歌に暗示されるのでした。

作品の概要
  • 初段
    • 大内の段
    • 加茂堤の段
    • 筆法伝授の段
    • 築地の段
  • 二段目
    • 道行詞甘替
    • 安井汐侍の段
    • 杖折檻の段
    • 東天紅の段
    • 丞相名残の段
  • 三段目
    • 車曳の段
    • 茶筅酒の段
    • 喧嘩の段
    • 桜丸切腹の段
  • 四段目
    • 天拝山の段
    • 北嵯峨の段
    • 寺入りの段
    • 寺子屋の段
  • 五段目
    • 大内天変の段
名場面集
  • 許されぬ勘当
  • 菅丞相の涙
  • 菅丞相と苅屋姫との別れ
  • 白太夫と八重の悲嘆
  • 緊迫の首実検
  • 切なさ極まるいろは送り
作中の人間ドラマ
  • 3兄弟の運命
  • 親子の別れ
  • 師弟関係
主要人物相関図 知っておきたい基礎知識

ページの先頭に戻る