文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > ひもとく > 主要人物相関図

前のページに戻る

ひもとく | 主要人物相関図

  • 作品の概要
  • 名場面集
  • 作中の人間ドラマ
  • 右大臣 菅丞相
  • 左大臣 藤原 時平
  • 御台所
  • 土師兵衛
  • 叔母・甥 覚寿
  • 宿禰太郎
  • 長女 立田前
  • 1人息子 菅秀才
  • 養女・次女 苅屋姫
  • 帝の弟君 斎世親王
  • 家臣 春藤玄蕃
  • 警護の役人 判官代輝国
  • 戸浪
  • 元家臣 武部源蔵
  • 三つ子の父 白太夫
  • 古参の弟子 左中弁希世
  • 家臣 三善清貫(行)
  • 春
  • 三つ子の長男 梅王丸
  • 八重
  • 三つ子の三男 桜丸
  • 千代
  • 三つ子の二男 松王丸
  • 1人息子 小太郎
閉じる
  • 菅丞相(かんしょうじょう)
    物語の主人公・菅原道真(すがわらのみちざね)。右大臣として帝(みかど)の信任が厚く、学問にも秀でた高潔な人物。特に筆法(ひっぽう)に優れ、帝から筆法を伝授するように申しつかります。しかし藤原時平(ふじわらのしへい)に陥れられ、無実の罪で太宰府に流罪となります。配流先で時平の謀反の企みを知った丞相は怒りのあまり雷神と化しますが、時平が討たれた後、天満天神として祀られるようになります。
  • 藤原時平(ふじわらのしへい)
    太政大臣に次ぐ左大臣の座にあり、帝位をひそかに狙っています。帝の信任厚い菅丞相(かんしょうじょう)を追い落とそうと画策。菅丞相の養女・苅屋姫(かりやひめ)と斎世親王(ときよしんのう)が密会していたことを理由に、丞相を太宰府に追いやっただけでなく、菅秀才(かんしゅうさい)の命まで奪おうとします。菅丞相と対立する極悪人として描かれています。
  • 御台所(みだいどころ)
    菅丞相(かんしょうじょう)の奥方。歌舞伎では園生の前(そのうのまえ)とも呼ばれていますが、浄瑠璃本には名前はなく、単に御台所です。丞相が流罪になったため、北嵯峨(きたさが)に隠れ住みますが、時平(しへい)の家臣に襲われます。そこを八重(やえ)や山伏に助けられ、武部源蔵(たけべげんぞう)の寺子屋に匿われていた息子の菅秀才(かんしゅうさい)と再会します。
  • 土師兵衛(はじのひょうえ)
    立田前(たつたのまえ)の夫である宿禰太郎(すくねたろう)の父。菅丞相(かんしょうじょう)を捕らえたものには褒美を出すという時平(しへい)の言葉につられ、贋の迎い(にせのむかい)を仕立て丞相を連れ去ろうとしますが、その企みがばれて立田前を殺してしまいます。最後には悪事が露見し、判官代輝国(はんがんだいてるくに)に討たれます。
  • 覚寿(かくじゅ)
    菅丞相(かんしょうじょう)の伯母で、苅屋姫(かりやひめ)の実母。菅丞相は太宰府に流される途中、船の汐待ちで覚寿の館に滞在します。そこに苅屋姫が養父に会いたいと訪れますが、流罪になったのは娘の不義のせいであると折檻を加えます。しかし、その厳しさの反面、ひと目だけでも会わせてやりたいと思う優しさも見せます。また非業の死を遂げた娘の立田前(たつたのまえ)の仇を自ら討つ武芸の持ち主です。
  • 宿禰太郎(すくねたろう)
    立田前(たつたのまえ)の夫。思慮分別に乏しい宿禰太郎は、父の土師兵衛(はじのひょうえ)とともに、褒美目当てで菅丞相(かんしょうじょう)を捕らえようとします。その企みを知られたため立田前を殺してしまいますが、悪事を見抜いた覚寿(かくじゅ)によって成敗されます。
  • 立田前(たつたのまえ)
    覚寿(かくじゅ)の娘で苅屋姫(かりやひめ)の実の姉。苅屋姫の気持ちを知ってなんとか養父の菅丞相(かんしょうじょう)に会わせようとしますが、覚寿には許されません。一方、夫の宿禰太郎 (すくねたろう)が父の土師兵衛(はじのひょうえ)と組んで丞相を捕らえようとしていることを知り、止めようとしてふたりに殺されてしまいます。
  • 菅秀才(かんしゅうさい)
    菅丞相(かんしょうじょう)の1人息子。梅王丸(うめおうまる)と武部源蔵(たけべげんぞう)夫婦に助け出され、源蔵夫婦の子どもとして匿われます。菅家断絶をもくろむ藤原時平(ふじわらのしへい)がそれを知って命を狙いますが、松王丸(まつおうまる)と源蔵によって救われます。
  • 苅屋姫(かりやひめ)
    菅丞相(かんしょうじょう)の養女。実の母親は丞相の伯母・覚寿(かくじゅ)。帝(みかど)の弟である斎世親王(ときよしんのう)との恋がもとで、父の丞相は謀反の疑いをかけられて流罪に。姉の立田前(たつたのまえ)は、九州へ向かう前に苅屋姫を丞相にひと目会わせようとしますが、覚寿に姫の不義が流罪の原因と責められ、ふたりは共に折檻されます。物語の最後には、斎世親王と弟の菅秀才とともに父を陥れた時平(しへい)を討ち、菅家を再興します。
  • 斎世親王(ときよしんのう)
    時の帝(みかど)である延喜帝(えんぎのみかど)の弟。苅屋姫(かりやひめ)に思いを寄せられ、桜丸(さくらまる)の手引きで密会しているところを見つかりそうになって駆け落ちしてしまいます。姫の実家に向かう途中、ふたりのことが原因で菅丞相(かんしょうじょう)が流罪になったことを知り、安井の浜まで丞相に会いに行きます。しかし警護の役人に諌められて京に戻り、後に菅家の再興のために尽力します。
  • 春藤玄蕃(しゅんどうげんば)
    藤原時平(ふじわらのしへい)の家臣。菅丞相(かんしょうじょう)の一子・菅秀才(かんしゅうさい)が武部源蔵(たけべげんぞう)と戸浪(となみ)の寺子屋にいることを知り、松王丸(まつおうまる)と共に訪れ、菅秀才の首を差し出せと命じます。
  • 判官代輝国(はんがんだいてるくに)
    宇多法王(ほうおう)の旧臣である警護の武士。流罪になった菅丞相(かんしょうじょう)を太宰府まで護送します。安井の浜で船出を待っていた菅丞相に会いにきた斎世親王(ときよしんのう)を諌めたり、菅丞相が伯母の覚寿(かくじゅ)の館に立ち寄ることを許したりする、聡明で人情味のある人物です。
  • 戸浪(となみ)
    武部源蔵(たけべげんぞう)の妻。以前は菅家に腰元(こしもと)として仕えていましたが、源蔵と恋仲になったことが原因で主家を追われてしまいます。その後、源蔵とふたりで寺子屋を始めたしっかりもの。夫とともに助け出した菅秀才(かんしゅうさい)を我が子として匿います。
  • 武部源蔵(たけべげんぞう)
    菅丞相(かんしょうじょう)の元家臣。同じく菅家に奉公していた戸浪(となみ)と恋仲になりますが、当時、家来同士の恋愛は禁止で、勘当を言い渡されてしまいます。しかし筆法(ひっぽう)の才を認められていたことから、勘当は解かれぬまま、丞相から筆法を伝授されます。丞相が流罪になった後、菅秀才(かんしゅうさい)を匿いますが、それが時平(しへい)に知られ、首を差し出せと命じられて苦悩します。
  • 白太夫(しらたゆう)
    三つ子の父。菅丞相(かんしょうじょう)の下屋敷を預かっています。70歳を迎えて白太夫の名を賜り、息子夫婦らと賀の祝で集うことになっていました。その席で、梅王丸(うめおうまる)の筑紫行きの願いを退けて御台所のもとへ行かせ、松王丸(まつおうまる)の勘当の願いを聞きとどけます。桜丸(さくらまる)の死の願いを、なんとかして退けたいと思いますがかなわず、撞木(しゅもく)と鉦(かね)で介錯(かいしゃく)します。その後、太宰府の菅丞相の許へ向かいます。
  • 左中弁希世(さちゅうべんまれよ)
    菅丞相(かんしょうじょう)の弟子。筆法伝授(ひっぽうでんじゅ)されるのは自分しかいないと思い込んでいましたが、才能もなく、行いも悪いため相手にもされません。それを恨み、丞相が流罪になったことを知ると時平(しへい)側に寝返ります。
  • 三善清貫(行)(みよしのきよつら)
    左大臣藤原時平(ふじわらのしへい)の家臣。斎世親王(ときよしんのう)と苅屋姫(かりやひめ)が加茂堤(かもづつみ)で密会している現場に現れ、ふたりが乗っている牛車をあらためようとします。また時平の奸計(かんけい)によって陥れられた菅丞相(かんしょうじょう)を屋敷に護送した時に、息子の菅秀才(かんしゅうさい)が助け出されるのを見て阻止しようとしますが、武部源蔵(たけべげんぞう)らに阻まれます。
  • 春(はる)
    梅王丸(うめおうまる)の妻。夫の名の「梅」に掛けた名前。千代(ちよ)と八重(やえ)と3人で白太夫(しらたゆう)の賀の祝の準備をします。八重が切腹した夫・桜丸(さくらまる)の後を追って自害しようとするのを梅王丸とともに止めます。北嵯峨の隠れ家で八重とともに御台所の世話をします。
  • 梅王丸(うめおうまる)
    三つ子の長男。菅丞相(かんしょうじょう)の舎人(とねり)。一家の恩人である丞相の家来であることに誇りを持ち、三人兄弟の長男として振る舞おうとするしっかりもの。時平(しへい)の家来である松王丸(まつおうまる)が許せず、激しく対立します。
  • 八重(やえ)
    桜丸(さくらまる)の妻。夫の名の「桜」に掛けた名前(八重桜)。白太夫(しらたゆう)の賀の祝になかなか現れない夫を案じます。やっと姿を見せた桜丸は、菅丞相(かんしょうじょう)流罪の責任を負って自害する覚悟を決めていました。それを見守るしかない八重。若妻の悲哀が全身に満ちます。その後、北嵯峨に隠れていた御台所(みだいどころ)を守って討ち死にします。
  • 桜丸(さくらまる)
    三つ子の末っ子。斎世親王(ときよしんのう)の舎人(とねり)。兄弟で一番の優男(やさおとこ)で、斎世親王と菅丞相(かんしょうじょう)の養女苅屋姫(かりやひめ)の仲を取り持ちます。しかし、そのために丞相は謀反の疑いをかけられて流罪になってしまいます。責任の重さを感じた桜丸は白太夫(しらたゆう)と妻八重(やえ)の前で切腹して果てます。
  • 千代(ちよ)
    松王丸(まつおうまる)の妻。夫の名の「松」に掛けた名前(千代の松)。夫が父や他の兄弟とうまくいっていないことを心配しています。菅丞相(かんしょうじょう)へのご恩返しのために、1人息子の小太郎(こたろう)を菅秀才(かんしゅうさい)の身代わりとして寺子屋に入門させます。
  • 松王丸(まつおうまる)
    三つ子の次男。藤原時平(ふじわらのしへい)の舎人(とねり)。ひとりだけ時平方にあることで疎外感や葛藤を感じています。兄弟の中でもひときわ父親思いでありながら、当の親からは「根性の悪そうな」と誤解されています。菅家の恩義に報いるため、一子・小太郎(こたろう)を菅秀才(かんしゅうさい)の身代わりに差し出しますが、我が子を思う気持ちが知らず知らずにじみ出ます。
  • 小太郎(こたろう)
    松王丸(まつおうまる)と千代(ちよ)の1人息子。藤原時平(ふじわらのしへい)に命を狙われる菅秀才(かんしゅうさい)の身代わりとして、武部源蔵(たけべげんぞう)の寺子屋に預けられます。

ページの先頭に戻る