文楽編・菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

菅原伝授手習鑑TOP > 背景を知る

前のページに戻る

背景を知る

作品が生まれた背景を知ることで、その作品の世界をより深く理解することができます。ここでは『菅原伝授手習鑑』が作られた時代の社会情勢や当時の価値観、登場人物のモデルとなった人物や影響を受けた作品などについて解説します。

作者とその時代

『菅原伝授手習鑑』は18世紀半ば、人形浄瑠璃の最盛期に初演されました。当時話題になった出来事も物語に取り入れるなど巧みに庶民の心をつかんで、大好評を博したといわれます。

  • 合作による作品 竹田出雲、並木千柳、三好松洛、竹田小出雲による合作
  • 竹本座で初演 黄金期の竹本座で延享3年(1746)初演
  • 当時の社会情勢 吉宗の倹約財政と人形浄瑠璃の繁栄
  • 江戸中期の人々の価値観 絶対的な存在であった「主」
  • 作品の題材になった当時の出来事 大坂の天満で三つ子が誕生、寺子屋、天神への親しみ

登場人物の実在のモデル

菅原道真をはじめとする作中人物のモデルとなった実在の人物について、どういう人物だったのかを知っておきましょう。

影響を与えた先行作品

『菅原伝授手習鑑』が作られる前にも、菅原道真や天神信仰を題材にした能や人形浄瑠璃の作品がありました。

ページの先頭に戻る