文楽編 仮名手本忠臣蔵 Kanadehon Chushingura

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • English
  • 早わかり
  • 背景を知る
  • ひもとく
  • ひろがり
  • よもやま
前のページにもどる

よもやま 朝廷と幕府

刃傷事件の際の饗応

吉良上野介と浅野内匠頭の刃傷事件があったのは、折しも朝廷からの使者である勅使が年賀の返礼に江戸に派遣されてきた時でした。毎年の儀礼ですが、この時は将軍にとってひときわ重要な意味がありました

刃傷事件の背景となった饗応

『関東下向道中記』
柳原資廉 著
刃傷事件の時の勅使が記録した、事件当日の日記
(西尾市岩瀬文庫所蔵)

毎年正月には、幕府から将軍の名代として高家が朝廷に派遣され、「年賀の挨拶」を述べます。その返礼として、朝廷は2月下旬~3月半ばに勅使を江戸に派遣し、勅使が将軍に拝謁して天皇の言葉を伝えるのが慣例でした。

赤穂事件が起きた元禄14年(1701年)の3月11日、年賀の挨拶の返礼のために勅使が江戸に到着。饗応役に任命された浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)らは勅使の宿泊所「伝奏屋敷(でんそうやしき)」で勅使をもてなしました。殿中刃傷事件が起こったのは14日のことです。勅使・院使一行は14日に、江戸城で将軍・綱吉からの「奉答の儀」を受け、15日に増上寺を参拝して帰京する予定となっていました。事件を聞いた勅使の柳原資廉(やなぎはらすけかど)は、冷静な対応で、儀式をとどこおりなく済ませたといいます。


将軍・綱吉の思惑

実はこのときの饗応は、将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)にとってはいつにもまして大切な意味を持っていました。綱吉は生母・桂昌院(けいしょういん)に、女性としては最高の「従一位」の官位をもらえるよう朝廷に働きかけてほぼ内諾を得ており、再度勅使に願い出るところでした。そんな重要な時に流血騒ぎを起こした内匠頭に、綱吉はたいそう怒り、即日切腹という厳しい罰を与えたといわれています。

ページの先頭に戻る