文楽編 仮名手本忠臣蔵 Kanadehon Chushingura

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • English
  • 早わかり
  • 背景を知る
  • ひもとく
  • ひろがり
  • よもやま
前のページにもどる

ひもとく 人物相関図

  • 全体の相関図
  • 判官をめぐる人々
  • 勘平をめぐる人々
  • 由良助をめぐる人々
高家・足利幕府執事 饗応指南役 高武蔵守師直 桃井家の家老 加古川本蔵行国 本蔵の後妻 戸無瀬 本蔵の娘 小浪 塩谷家の腰元 おかる 由良助の子 大星力弥 塩谷家の国家老 大星由良助義金 塩谷家の家臣 千崎弥五郎 塩谷家の家老 斧九太夫 塩谷家の足軽・おかるの兄 寺岡平右衛門 由良助の妻 お石 堺の商人 天河屋義平
高武蔵守師直
高武蔵守師直

鶴が岡八幡宮で桃井若狭助を侮辱して恨みを買いますが、加古川本蔵の賄賂で若狭助に追従します。一方で判官の妻・顔世御前に恋歌を贈って拒絶され、腹いせに夫の判官を罵倒。刃傷沙汰となりますが、居合わせた本蔵が判官を抱きとめ、命拾いしました。後に、塩谷の家臣たちに討ち取られることになります。

モデルとされる人物

吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)。江戸幕府の儀式などを司る高家筆頭。旗本で、三河国吉良などの領主。

閉じる
加古川本蔵行国
加古川本蔵行国

桃井家の家老。若狭助が高師直を討つ覚悟であることを知り、主君に知らせず師直に賄賂をおくります。本蔵の策で師直の態度は一変し、若狭助は事なきを得ました。しかし、塩谷判官が師直に斬りつけた際に抱きとめ、判官は本望を達することなく切腹に処せられてしまいました。大星一家が住む京・山科の閑居を訪れた本蔵は、娘の婚礼のため命を捨てます。

モデルとされる人物

「赤穂事件」の殿中刃傷の際、浅野内匠頭長矩を抱きとめた大奥留守居番の幕臣・梶川与惣兵衛頼照(かじかわよそべえよりてる)を下敷きに、津和野藩亀井家の家老が吉良上野介へ賄賂を贈ったという話を結びつけたと考えられています。

閉じる
戸無瀬
戸無瀬

桃井家の家老・加古川本蔵の後妻。許婚(いいなずけ)である大星由良助の息子・力弥との婚礼の延期でふさぎこんでいる義理の娘・小浪の胸のうちを思いやります。嫁入りを実現させるため、大星一家が住む京・山科をめざして小浪とともに東海道を上りますが、力弥の母・お石の冷淡な対応に、娘とともに死のうとします。

閉じる
小浪
小浪

桃井家の家老・加古川本蔵の娘。大星由良助の息子で許婚(いいなずけ)の力弥のもとへ嫁入りするため、鎌倉から京・山科まで、義理の母・戸無瀬とふたりで東海道を上ります。力弥の母・お石の拒絶にあい、死を決意しますが、父・本蔵が命を捨てて懇願し、力弥と結ばれます。

閉じる
おかる
おかる

塩谷家の腰元。同じ家中の早野勘平とは恋仲です。自分との逢瀬のため刃傷事件に居合わせなかった不忠を悔やむ勘平を伴い、京の郊外・山崎の実家へ戻ります。勘平が再び武士に戻る金を工面するため、祇園町の一文字屋へ身を売りましたが、その後、再会した兄・寺岡平右衛門から、勘平の死を知らされ絶望します。大星由良助のはからいにより、高師直の手先となって由良助の動向をさぐる斧九太夫を討って、亡き勘平の手柄としました。

モデルとされる人物

赤穂藩の国家老・大石内蔵助が京・山科に囲っていた愛妾で、京二条寺町二文字屋次郎左衛門(にもんじやじろうざえもん)の娘・阿軽(おかる)といわれています。

閉じる
大星力弥
大星力弥

赤穂藩の国家老・大星由良助の息子。加古川本蔵の娘・小浪と許婚(いいなずけ)でしたが、塩谷判官の刃傷の際、本蔵が判官を抱きとめたために師直にとどめをさせず、切腹に処せられたことから、婚礼は延期となっていました。娘を思って命を捨てた本蔵のおかげで両家のわだかまりも解け、力弥と小浪は、討ち入りへの出立前、一夜の契りをかわします。

モデルとされる人物

赤穂藩の国家老・大石内蔵助の長男で、最年少で討ち入りに加わった大石主税良金(おおいしちからよしかね)。

閉じる
大星由良助義金
大星由良助義金

塩谷家の国家老。主君・塩谷判官の刃傷事件を聞き鎌倉へ駆けつけ、判官に対面して、その無念を晴らすため、秘かに高師直への敵討ちを誓いました。その後、敵打ちの真意を敵方に隠すため、京で放蕩を続けます。死を決意した加古川本蔵から、師直邸の絵図面をおくられ、京を出立。討ち入りに向かい宿願を果たします。

モデルとされる人物

赤穂藩の国家老・大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしお)。主君内匠頭の刃傷事件と切腹の知らせを赤穂で聞きます。元禄15年(1702年)12月14日吉良上野介邸へ討ち入りを果たしました。事件後は、細川家にお預けとなり、翌年2月切腹が申し渡されました。

閉じる
千崎弥五郎
千崎弥五郎

塩谷家が取り潰しとなった後、浪人となった弥五郎は、山崎街道の暗闇で、元同僚で今は猟師になっている早野勘平と出会い、敵討ちの企てを教えます。原郷右衛門とともに勘平の住家を訪れ、切腹した勘平を敵討ちの連判状に加えます。のち、祇園一力茶屋で遊びにふける大星由良助の行動を見かねていさめます。

モデルとされる人物

はじめ美作国(みまさかのくに)津山藩森家に仕え、森家改易のため浅野家に仕えた、神崎与五郎則休(かんざきよごろうのりやす)がモデルとされます。竹平(ちくへい)と号して俳人として知られました。また、大酒家としても有名です。

閉じる
斧九太夫
斧九太夫

塩谷家の家老。九太夫は、敵の高師直に内通して、祇園の茶屋・一力で遊ぶ大星由良助の本心を探ろうとします。主君の命日の前夜と知りながら由良助にタコを食べさせたり、縁の下に忍んで顔世御前から由良助宛ての密書を盗み読みしたりしますが、ついには成敗されます。

モデルとされる人物

赤穂藩浅野家の家老・大野九郎兵衛(おおのくろべえ)。財政にすぐれた有能な家臣とされますが、浅野家断絶の際、強硬派とは距離を置き、赤穂城開城の前に、息子・郡右衛門(ぐんえもん)とともに逃亡しました。

閉じる
寺岡平右衛門
寺岡平右衛門

おかるの兄で塩谷家の足軽。祇園のお茶屋・一力で遊ぶ大星由良助に敵討ちの供を願い出ます。亡き塩谷判官の妻・顔世御前から由良助に宛てた密書を盗み見たおかるを、由良助が、口封じに殺すために身請けしようとしているのを察します。先手を打っておかるを殺し、その功によって敵討ちに加わろうと覚悟を決めますが、その心底を知った由良助によって、供を許されます。

モデルとされる人物

赤穂藩の足軽・寺坂吉右衛門信行(てらさかきちえもんのぶゆき)。軽い身分ながら敵討ちの同志に加わり、連絡役などを務めました。吉良邸討ち入りの当日、姿を消しました。討ち入りに加わった後に、密命を受けて立ち去ったという説もあります。『仮名手本忠臣蔵』が誕生する前年、延享4年(1747年)江戸で83歳の生涯を閉じました。

閉じる
お石
お石

浅野家の家老・大星由良助の妻。塩谷判官が高師直に刃傷に及んだ際に、本蔵が抱きとめたことで判官は本望を遂げられませんでした。加古川本蔵は主君の敵にも匹敵する者として、息子・力弥の許婚(いいなずけ)である、本蔵の娘・小浪に離縁を言い渡します。しかしそれは、力弥と小浪が夫婦となっても短い契りに終わることを思っての優しさと、気丈さから出た言葉でした。

モデルとされる人物

大石内蔵助の妻・りくがモデルです。但馬国豊岡(たじまのくにとよおか)の京極家家老・石束源五兵衛(いしづかげんごべえ)の娘で、内蔵助切腹後は、処罰を免れた子供たちの養育に努めました。「お石」の名は、「大石」によるものでしょう。

閉じる
天河屋義平

堺の商人。大星由良助から討ち入りの武器調達を依頼されます。義平宅に捕手が押し入り、息子・由松を人質に取られても口を割りませんでした。実は捕手は、義平の性根を疑う塩谷家の家臣たちでした。

モデルとされる人物

赤穂藩浪人の討ち入りの武器調達を引き受け、拷問されても事実を明かさなかった天野屋利兵衛(あまのやりへえ)の名前をもじってつけた人物です。この話は後世の創作といわれ、赤穂藩浪人の後援者であった京の商人・綿屋善右衛門(わたやぜんえもん)がモデルであるともいわれています。

閉じる

ページの先頭に戻る