文楽編 仮名手本忠臣蔵 Kanadehon Chushingura

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • English
  • 早わかり
  • 背景を知る
  • ひもとく
  • ひろがり
  • よもやま
前のページにもどる

背景を知る 史実とその時代

元禄という時代 町人層と元禄文化

江戸開府から約100年が過ぎた元禄(1688年〜1704年)の頃、経済力をつけた上方の町人が中心となって、活気ある華やかな文化が花開きます。文芸、美術、遊芸など、その分野は多岐にわたっていました。

『紀文大尽』
元禄時代を象徴する豪商・紀伊国屋文左衛門。節分の日に江戸吉原で、豆のかわりに小判や小粒金を派手にばらまいたといわれる
(早稲田大学演劇博物館所蔵)


『近松門左衛門肖像』
元禄期から享保期まで活躍した歌舞伎作者・人形浄瑠璃作者近松門左衛門。井原西鶴・松尾芭蕉と並ぶ元禄文化の代表
(早稲田大学演劇博物館所蔵)

元禄文化は、戦乱の世が終わりを告げ、平和が到来した時代に、農村における商品生産の向上と、それを基盤とした都市町人の経済的発展を背景に展開しました。資本を蓄積して経済的実権を握るようになった町人は、自由と活気に満ちた現実を写実的に描いた、庶民的、娯楽的な新興文化を生み出しました。その中心となったのは上方[京・大坂]です。

出版が活発に行われ、書籍の種類も、従来からの仏書・古典・漢籍などのほか、庶民の日常生活に必要な知識を集めた重宝記や当時の町人生活を描く浮世草子が次々と出版されました。これは、経済の発展により、読書にも目 を向けられる余裕のある階層が増えたことを示しているでしょう。

ほかに、俳諧や小説などの文芸、人形浄瑠璃や歌舞伎などの演劇、陶磁器・蒔絵・絵画などの美術といった分野で、後世に残る多くの作品が誕生しました。茶道・華道・謡などの遊芸が盛んになったのもこの頃で、遊里や茶屋も大いに賑わいました。

ページの先頭に戻る