文楽編 仮名手本忠臣蔵 Kanadehon Chushingura

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • English
  • 早わかり
  • 背景を知る
  • ひもとく
  • ひろがり
  • よもやま
前のページにもどる

背景を知る 史実とその時代

赤穂事件 事件のあらまし

歴史に名高い「赤穂事件」は、赤穂藩主・浅野内匠頭が吉良上野介に江戸城中で斬りつけたことから始まりました。浅野家の家臣達が、翌年、吉良邸に討ち入って上野介を殺害し、主君の無念を晴らしました。

『浅野内匠頭家来口上書』
「口上書」は、箱に入れ、青竹にはさみ、討ち入り当日、吉良邸玄関前に立て置かれた
(赤穂市立歴史博物館所蔵)

元禄14年(1701年)3月14日、江戸城本丸大廊下[松の廊下]で、赤穂(あこう:播磨国[はりまのくに]赤穂郡加里屋[かりや]:現在の兵庫県赤穂市)藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が高家肝煎(こうけきもいり:高家筆頭)吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りつけ、即日切腹を命じられました。このため、浅野家は断絶、家臣たちは赤穂を退去し、浪人となりました。その中には他の家中に召しかかえられた者もいましたが、一部には主君の恨みをはらそうとした者もいました。

そして、翌元禄15年(1702年)12月14日、浅野の旧臣47人は、元家老の大石内蔵助(おおいしくらのすけ)を首領として、吉良邸へ討ち入り、上野介の首を取りました。討ち入りに参加し、最後まで残っていた46人は、翌元禄16年(1703年)2月4日、切腹に処せられました。これらを総称して「赤穂事件」と呼びます。

こうけ

江戸幕府の身分・職名のひとつ。老中の支配に属し、朝廷への使節、伊勢・日光への代参、勅使・公家衆の接待、その他幕府の儀式、典礼を司りました。武田・畠山・織田・上杉・吉良など、室町以来の名家が任じられました。万石以下でしたが、官位は大名に準じ、四位・五位の侍従または少将に昇進できました。

閉じる

ページの先頭に戻る