大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席への招待 寄席へ入る

寄席囃子寄席で流れるお囃子を寄席囃子と呼び、いろいろな場面で使われます。舞台の袖で奏でられる流暢な三味線に、太鼓や鉦(かね)が加わった楽しげな調子が聞こえてくると、客席もうきうきした雰囲気に包まれます。

芸人と息の合った演奏をするお囃子

出演者が高座に上がる時に流れる三味線音楽が出囃子です。落語家は二ツ目になると、自分専用の出囃子がもてます。寄席ではお囃子の女性が舞台袖で生で演奏しています。出囃子以外にも、落語の中に使われる音楽、例えば幽霊が出る時の音もお囃子が担当します。また曲芸や奇術、紙切りのBGMなども通常は三味線の生演奏によって行われます。紙切りでお客がアニメの主人公を切ってほしいと注文した時は、即興でそのアニメソングを弾いたりすることもあります。このように芸人と息の合った演奏をしなければならないので、お囃子にはさまざまな邦楽の知識と三味線の演奏技術が求められます。

公演の始まりと終わりを告げる太鼓

寄席では、開場する時、公演が始まる時、仲入りが始まる時、番組がすべて終わる時の4回、太鼓が鳴らされます。開場時に打つのは「一番太鼓」です。お客さんがたくさん入るように、大太鼓を「ドンドンドンと来い」と威勢よく打ちます。開演前には「二番太鼓」をたたきます。大太鼓と締太鼓を使って、「お多福来い、来い」と聞こえるように打ちます。番組が終了した時に打つのは「出てけ、出てけ、出てけ」と聞こえる「追い出し太鼓」です。太鼓を打つのは前座の仕事です。

ページの先頭に戻る