大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の歴史

  • 芸能全体
  • 落語の歴史
  • 講談の歴史
  • 浪曲の歴史
  • 漫才の歴史
  • 太神楽の歴史
  • 奇術の歴史

芸能全体

放送の芸・生の芸

太平洋戦争後はラジオやテレビによって演芸ブームが生まれるようになりました。そこで放送に出演することを目標とする演芸人が増えました。一方で、ブームに左右されることなく、実演の場を開拓する動きも盛んになっています。

放送と演芸
昭和38年2月 文化放送「番組表」 文化放送で演芸番組が最も多かったのは1960年代。9本ものレギュラー番組があった。左下の写真は当時、文化放送専属契約をしていた8代目三笑亭可楽(さんしょうていからく)

昭和38年2月 文化放送「番組表」
文化放送で演芸番組が最も多かったのは1960年代。9本ものレギュラー番組があった。左下の写真は当時、文化放送専属契約をしていた8代目三笑亭可楽(さんしょうていからく)

戦後、ラジオの民間放送局が開局すると、製作費が安くすむために演芸番組が次々と作られました。落語家や浪曲師の中には放送局の専属となる者も現れました。テレビ局が開局すると、落語家や漫談家、漫才師などがテレビタレントとして活躍し始めます。これらの演芸人の生の芸を見たいという人々で寄席も活気づきました。テレビにより定期的にお笑いブームや落語ブームが起こり、そのつど、寄席は活気づいています。演芸ブームはテレビ界の動向と切り離して論じることはできなくなっています。

実演の場の開拓

落語をじっくり聞きたい、演じたいという思いから、戦後、都市部でホール落語会がしばしば行われるようになりました。その動きは広がりを見せ、現在は日本中のホールで落語会をはじめとする大小さまざまな演芸会が開かれています。さらに飲食店や風呂屋、民家などでも、演芸ファンや演芸家自身が主催者となって行う地域寄席と呼ばれる公演が毎日、多数催されています。テレビなどの演芸ブームに左右されることなく、実演の場を開拓しようという動きは、まさに江戸時代の寄席の原点に立ち返った様相を示しています。

ページの先頭に戻る