大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の歴史

  • 芸能全体
  • 落語の歴史
  • 講談の歴史
  • 浪曲の歴史
  • 漫才の歴史
  • 太神楽の歴史
  • 奇術の歴史

太神楽の歴史

信仰と結びついた伝来芸

中国伝来の獅子舞と曲芸は、江戸時代に伊勢信仰と結びついて太神楽となりました。太神楽は伊勢詣りをしたくてもできない人々に、同じ功徳(くどく)が得られると称して全国をまわりました。

『和歌夷』 宿屋飯盛[石川雅望]編 喜多川哥麿[喜多川歌麿] 画 正月に武家の庭で獅子舞を披露する門付け芸人。獅子舞はひと舞で1万の罪を清めるとされた

『和歌夷』
宿屋飯盛[石川雅望]編 喜多川哥麿[喜多川歌麿] 画
正月に武家の庭で獅子舞を披露する門付け芸人。獅子舞はひと舞で1万の罪を清めるとされた

獅子舞は伎楽(ぎがく)や舞楽、散楽といった中国の芸能の一部として伝来したといわれています。また散楽からは曲芸や手品を演じる放下芸が生まれました。曲芸と獅子舞は早くから結びつき、獅子舞の余興として、あるいは獅子舞の姿のまま曲芸を行ったりしました。

江戸時代、伊勢神宮にお詣りすることが全国的なブームになります。しかし交通手段も限られており、参詣できない人たちが大勢いました。そのような人々のために伊勢神宮や熱田神宮に属して全国をまわり、お札を配ったのが太神楽です。彼らは獅子舞によって参詣したのと同じ功徳が授かると唱えて家々を訪れ、祝儀(しゅうぎ)の額に応じて獅子舞と曲芸を行いました。

関東へ下った太神楽は、関東の人々の好みに合わせて娯楽色を強めました。その結果、曲芸を盛り立てる役目を果たす口上が重要な役割を担うようになります。そして口上が変化・発展して、2人で滑稽(こっけい)な言葉のやり取りをする掛け合い噺(かけあいばなし:掛け合い)や歌舞伎のパロディーである茶番が生まれました。

ページの先頭に戻る