大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

登場人物と庶民の暮らし

長屋の様子落語の主人公である町人の多くが住んでいたのが裏長屋です。通りから奥まった所にあり、粗末な薄い壁で仕切られた4畳半ほどの住まいに1家族で住みました。井戸も便所も共同で、隣近所助け合いながら住んでいました。
「棟割長屋」マークをクリックすると別ウィンドウで長屋の内側をご覧いただけます。
長屋全体

長屋の入り口には防犯のための木戸があり、朝開けて夜は閉めていました。中に入ると2つの長屋が1mほどの狭い路地をはさんで建っていることが多く、路地の真ん中には、どぶ板があり、注意しないと、このどぶ板が壊れていることもありました。共同便所も下半分が隠れるだけの戸しかありません。長屋のおかみさんたちは共同井戸で世間話をしながら洗濯をしました。また大家は多くの場合、長屋の入り口近くの1軒に住んでいました。

ページの先頭に戻る