大衆芸能編 寄席

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

主な演目と種類

演目紹介
紺屋高尾(こうやたかお)
概要 ジャンル:廓噺

身分違いの恋をした紺屋の職人久蔵が一途な恋心を打ち明けるくだりが涙を誘う恋愛物語です。真実の恋愛とは何かを教えてくれる噺(はなし)です。

あらすじ

紺屋の職人久蔵は吉原遊郭の最高位の遊女である高尾太夫に一目ぼれして寝込んでしまいます。10両あれば高尾に会えると教えられてたちまち全快。3年間一生懸命に働いて10両を貯めました。紺屋の職人では会ってくれないので、流山の金持ちと称して出かけ、運よく会うことができました。帰り際に「今度はいつ来てくれますか」とたずねられ、これ以上うそはつけないと思った久蔵は正直に紺屋の職人であることと、高尾太夫に会うために3年かけて金を貯めたことを話します。そして3年後には絶対に訪れるからと誓います。この真心のこもった言葉に高尾太夫は心を動かし、年期が明けるとともに久蔵と夫婦になり、紺屋の女房として生涯を終えました。

注釈:落語は演者の演出によって固有名詞やあらすじなどに違いがあることがあります。

ページの先頭に戻る