大衆芸能編 寄席

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

主な演目と種類

演目紹介
宿屋の仇討(やどやのあだうち)
概要 ジャンル:旅噺

江戸っ子3人組は、隣部屋の客に迷惑をかけてはいけないと思いながらも、旅先の浮かれた気持ちは抑えきれず、どうしても大騒ぎをしてしまいます。現代の人にもあるこのような感情が共感を呼ぶ一席です。

あらすじ

神奈川宿の宿屋に若い侍が訪れ、「昨夜は小田原の宿に泊まったが、うるさくて寝られなかったので静かな部屋に案内しろ」と告げます。ところが江戸の魚河岸の若い者3人が隣の部屋に泊まり、どんちゃん騒ぎを始めました。侍が宿屋の者に注意するように告げると、いったんは静かになりますが、またすぐに騒ぎだします。そのうち、1人が「石坂段右衛門(いしざかだんえもん)という侍の妻といい仲になったのだが、それを侍の弟に見つかってしまったので、ふたりを殺して50両を奪って逃げた。しかしいまだ見つかっていない」と得意になって話し始めました。これを聞いた侍は、自分が石坂段右衛門であると明かし、「明朝、宿場のはずれで3人を切って捨てるので、しばっておくように」と命じます。3人は、今の話は旅先で聞いた話で、おもしろいからしゃべっただけだと釈明しますが、侍は聞き入れようとはしません。朝になり、侍が3人のことなど気にかけずに旅立とうとするので、宿屋の者が敵討ちについて尋ねると、侍は夜通し静かに眠るために言った冗談だと答えます。

注釈:落語は演者の演出によって固有名詞やあらすじなどに違いがあることがあります。

ページの先頭に戻る