大衆芸能編 寄席

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

主な演目と種類

演目紹介
千両みかん(せんりょうみかん)
概要 ジャンル:お店噺

みかん1袋に100両の価値があると錯覚してしまう番頭の姿に笑いつつも、だれもがこのような錯覚を起こすかもしれないと思わせる一席です。また夏場のみかんに1000両の値をつけるみかん屋の番頭の姿には、価値ある商品を売っているのだという、商人としての誇りが感じられます。

あらすじ

今と違いみかんは冬場だけのもので、夏には出回っていなかった時代のことです。大金持ちの商店の若旦那が、真夏にみかんが食べたくなって寝込んでしまいました。そそっかしい番頭は、すぐに買ってきますと安請け合いをします。大旦那は「ぬか喜びをした息子がみかんを食べられないと知ったら死んでしまうだろう。そうなったらお前は主人を殺した罪で、はりつけになる」と番頭に詰め寄ります。びっくりした番頭は江戸中をまわってみかん問屋を探し出します。土蔵の中に山積みになったみかんの箱の中から、腐っていないみかんを1つだけ見つけたみかん問屋の番頭は1000両の値をつけます。「みかん問屋は夏場であってもみかんがないとは言えません。そのために何千、何万のみかんを無駄にしても、みかんを保存しています。1000両の値が決して高いとは思いません」と番頭は語ります。大旦那は息子の命が1000両で買えるならと、すぐにそのみかんを手に入れます。若旦那は10袋のうち7袋を食べ、残りを両親と番頭に食べてもらいたいと言います。みかん3袋を渡された番頭は「来年、のれん分けをしてもらう時にもらえる金はせいぜい30両か50両。この3袋で300両になる」とつぶやき、みかん3袋を持って逃げ出します。

注釈:落語は演者の演出によって固有名詞やあらすじなどに違いがあることがあります。

ページの先頭に戻る