大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

芸の特徴

題材に注釈を付け構成史実や時事にもとづく物語を扱う講談では、本筋を追うだけでは平板になりやすいこともあります。周辺や背景にある知識やエピソードにも触れることで、物語の奥行きをいっそう深め、魅力を増すことができるのです。

講談では物語の内容に関連した豆知識や注釈、エピソードを語ることがあります。これを「引き事」といいます。例えば、花見の時期の物語を口演している時に、江戸時代の花見の名所について説明したり、現在、よく知られている桜・ソメイヨシノは江戸時代にはなかった、ということを説明したりするのが引き事です。実力のある講談師は引き事でも楽しませてくれます。かつては物語の筋はほとんど進めず、引き事だけで盛り上げて、持ち時間を終えてしまう講談師もいました。また内容があまりぱっとしない物語でも、引き事を入れることによって、楽しめる講談にしてしまうこともあります。

ページの先頭に戻る