大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

その他の芸能

パントマイムパントマイムは、言葉を使わずに体の動きや表情で表現する芸です。ロボットのような動きをしたり、見えない壁がそこに存在するように見せたりして観客を楽しませています。
カンジヤマ・マイム おしゃべりなパントマイム

カンジヤマ・マイム
おしゃべりなパントマイム

大道芸の演者が演芸場に進出することが多くなるにつれて、パントマイムも演芸場で見ることが増えてきました。よく目にするのは、途中で何かにぶつかったように見せて、そこに見えない壁が存在しているように思わせるパントマイムです。その壁が演者の四方を取り囲んでいて、だんだんと狭(せば)まってくる様子を表したりもします。またロボットのような動きをしたり、空中に鞄が漂っているように見せたり、見えないロープが上から垂れ下がっているように見せたりもします。細長い衝立てを横にして、その向こうでエスカレーターに乗っているように見せたりする動きも、よく演じられます。

このほか、演者の工夫によって物語性のあるものを演じるなどさまざまな可能性が考えられる芸です。

ものまね芸の一つである形態模写も、パントマイムの演者が得意とする分野です。サルなど動物のものまねや、ポットが沸騰する様子を描く演者もいます。

ページの先頭に戻る