• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

朝薫五番 銘苅子(めかるし、ミカルシー)

見どころ

『銘苅子』2010年10月17日 国立劇場おきなわ
公演情報

見どころ 1

銘苅子は天女の羽衣(はごろも)を奪い、言葉巧みに天女を言いくるめて自分の妻にしてしまいます。天女の言葉を取って言い返してしまう銘苅子のやり方は少々強引ですが、巧みな言葉づかいがおもしろさを生んでいます。

『銘苅子』2010年10月17日 国立劇場おきなわ
公演情報

見どころ 2

天女が昇天する場面が一番の見どころです。目を覚ました子ども達が母[天女]を呼びますが、天女は苦悩の末に飛び立ってしまいます。子ども達の悲痛な叫びと母のやりきれない心のつらさが描かれており、涙を誘います。この場面では「東江節(アガリエブシ)」が歌われており、聴きどころでもあります。

  • 朝薫(ちょうくん)の五番
    • 二童敵討(にどうてきうち)
    • 執心鐘入(しゅうしんかねいり)
    • 銘苅子(めかるし)
    • 孝行の巻(こうこうのまき)
    • 女物狂(おんなものぐるい)
  • その他の主な演目
    • 万歳敵討(まんざいてきうち)
    • 義臣物語(ぎしんものがたり)
    • 手水の縁(てみずのえん)
    • 花売の縁(はなうりのえん)
    • 大川敵討(おおかわてきうち)
    • 新作組踊 真珠道(まだまみち)
    • 新作組踊 十六夜朝顔(いざよいあさがお)
 

ページの先頭に戻る