• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

朝薫五番 孝行の巻(こうこうのまき、コーコーヌマチ)

見どころ

『孝行の巻』2009年6月20日 国立劇場おきなわ
公演情報

見どころ 1

母と娘[おめなり]の別れの場面は、組踊ならではの繊細な心理描写が見られます。生け贄(いけにえ)になる前に、ひと目母に会いたいとやって来た娘。娘は母を思いやり、生け贄になろうとしていることを隠して、海へ潮をくみに行くと言います。母は娘の雰囲気を感じ取り胸騒ぎを覚えます。娘も亡くなった父のことまで思い出し、母と別れがたくなりますが、家族を助けるためと首里(しゅり)の役人のもとへ出発します。

『孝行の巻』2009年6月20日 国立劇場おきなわ
公演情報

見どころ 2

一番の見どころは、生け贄となった娘を大蛇が襲うところです。

『孝行の巻』2009年6月20日 国立劇場おきなわ
公演情報

見どころ 3

娘が生け贄になることを知り、半狂乱で屋良漏池(ヤラムルチ)に向かう母は、笹(ささ)を手に持っています。これは「狂い笹」といい、気がふれている状態を表しています。

  • 朝薫(ちょうくん)の五番
    • 二童敵討(にどうてきうち)
    • 執心鐘入(しゅうしんかねいり)
    • 銘苅子(めかるし)
    • 孝行の巻(こうこうのまき)
    • 女物狂(おんなものぐるい)
  • その他の主な演目
    • 万歳敵討(まんざいてきうち)
    • 義臣物語(ぎしんものがたり)
    • 手水の縁(てみずのえん)
    • 花売の縁(はなうりのえん)
    • 大川敵討(おおかわてきうち)
    • 新作組踊 真珠道(まだまみち)
    • 新作組踊 十六夜朝顔(いざよいあさがお)
 

ページの先頭に戻る