• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

役柄と扮装(ふんそう)

老人

組踊に登場する男[成人男性]の扮装は、その身分によって化粧[隈取(くまどり)]、入道頭巾(にゅうどうずきん)[ヌドー]などが異なります。
老人の扮装は、白い眉(まゆ)と髭(ひげ)、「マンサージ」と呼ばれる頭巾を用いるのが特徴です。
『花売の縁(はなうりのえん)』に登場する薪木取(たきぎとり)の扮装を紹介します。
  • 後ろ

『花売の縁』薪木取

髪型:
成人男性の髪型である「欹髻(かたかしら)」を結い、簪(かんざし)を付けるのが基本。
頭巾:
「マンサージ」という頭巾を使用。
衣装
着物に帯、足には脚絆と黒足袋を着用。身分が低い役柄を表すため、衣装の生地には主に木綿や麻が用いられる。道行(みちゆき)という旅の場面で登場するため、着物の裾を上げている。
化粧
白い眉と髭を付ける。

嘉数道彦/『花売の縁』薪木取

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る