• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

役柄と扮装(ふんそう)

大主(ウフヌシ)

組踊に登場する男[成人男性]の扮装は、その身分によって化粧[隈取(くまどり)]、入道頭巾(にゅうどうずきん)[ヌドー]などが異なります。
大主は、按司(アジ)に次いで身分の高い男性です。按司との身分の差を強調するために、地味な色調で無地や小さい柄の衣装を用います。
『義臣物語(ぎしんものがたり)』に登場する大主の扮装を紹介します。
  • 後ろ

『義臣物語』大主

髪型:
成人男性の髪型である「欹髻(かたかしら)」を結い、簪(かんざし)を付けるのが基本。
頭巾:
金糸が入った織物でできた入道頭巾。額に「向立(こうだて)」という金の飾りを付ける。
衣装
着物に帯、陣羽織(じんばおり)、白足袋を着用。
化粧
髭(ひげ)は、高い身分を表す五髭(ごひじ)。

宇座仁一/『義臣物語』大主

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る