• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

役柄と扮装(ふんそう)

組踊の女の扮装は、頭部の飾り、沖縄の伝統的な染物である紅型(ビンガタ)を使った衣装を身に着けるのが特徴です。衣装の着付けは、衣装を前結びにした道行(みちゆき)[旅]姿が基本となります。役柄の悲しい心情を表すために、頬の横に髪を垂らし、腰の紫の帯を解いて紅型衣装を着流しにする場合もあります。
『執心鐘入(しゅうしんかねいり)』に登場する宿の女の扮装を紹介します。
  • 後ろ

『執心鐘入』宿の女

髪型:
成人女性の髪型である「垂髪(かむろ)」を結う。紫の長巾(ナガサージ)を巻いて後ろに垂らし、作花(つくりばな)、金銀の水引(みずひき)[バサラ]、のし紙差[ヌシ]を飾る。
衣装:
紅型衣装と赤字の胴衣(ドゥジン)、下半身には白地の裙(カカン)を着け、胴に巻いた紫帯に紅型衣装の襟袖をまくり上げて挟み込む「壺折り(つぼおり)」という着付けを行う。赤足袋を着用。

東江裕吉/『執心鐘入』宿の女

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る