• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
【琉球芸能編】 組踊トップ > 組踊の演出 > 役柄と扮装(ふんそう)

組踊の演出

役柄と扮装(ふんそう)

組踊は、琉球[沖縄]の歴史や故事などから舞台を設定して物語が創られました。それらの演目に登場する人々は、士族である按司(アジ)や大主(ウフヌシ)を始め、若衆(ワカシュ)[成人前の男子]、母親や娘、子どもなどが登場します。
扮装には、衣装と化粧、髪結い[髪型]が含まれ、役柄の性別や年齢、身分、職業によって異なります。
ここでは、特徴的な役柄の扮装を紹介します。

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る