• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
【琉球芸能編】 組踊トップ > 組踊の演出 > せりふ > 女吟(ヲゥンナジン)

組踊の演出

せりふ

女吟(ヲゥンナジン)

組踊の立方(たちかた)[演者]が、女の役柄のせりふを唱える時の技法の1つを女吟といい、歌うような抑揚をもつのが特徴です。
女吟は、女役のほかに、若衆(ワカシュ)という成人前の男子の役柄などに用いられます。
特徴的な唱えを動画で紹介します。

『執心鐘入』より、宿の女の唱え
出演者クレジット

女の唱え

女の唱えは、いかにも女性らしい、ゆっくりとした柔らかい旋律をもっているのが特徴です。
『執心鐘入(しゅうしんかねいり)』の宿の女や、『女物狂(おんなものぐるい)』の母などの唱えが典型です。

『執心鐘入』より、中城若松の唱え
出演者クレジット

若衆(ワカシュ)の唱え

若衆は、元服(げんぷく)前の男子の役柄です。
若衆の唱えは女の唱えに似ていますが、若々しく直線的な唱えであるのが特徴です。
『二童敵討(にどうてきうち)』の鶴松と亀千代、『執心鐘入(しゅうしんかねいり)』の中城若松(なかぐすくわかまつ)などの唱えが典型です。[最近は、若衆の唱えを若衆吟(ワカシュジン)として女吟から分ける考え方があります]

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る