• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

組踊の演出

音楽〜器楽〜

組踊の演奏に使われる楽器は、三線(サンシン)、箏(こと)、胡弓(こきゅう)、笛、太鼓の5種類です。演奏は地謡(じうたい)と呼ばれる演奏者が担当します。

胡弓(こきゅう)

胡弓は、弦楽器の一種です。沖縄では、古典舞踊音楽や民俗芸能でも使われています。組踊では、伴奏楽器の1つとして演奏されます。

琉球には中国から伝来したと思われますが、その時期は不明です。材質、形、音色などは沖縄独特です。
現在の胡弓は、木製のお碗型の胴に蛇の皮が張られ、ナイロンでできた3本[4本の胡弓もある]の弦が使われています。弾く時は床に垂直に立て、馬の尾の毛を張った弓で弦をこすって演奏します。

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る