• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

組踊の演出

音楽〜器楽〜

組踊の演奏に使われる楽器は、三線(サンシン)、箏(こと)、胡弓(こきゅう)、笛、太鼓の5種類です。演奏は地謡(じうたい)と呼ばれる演奏者が担当します。

三線(サンシン)

三線は、弦楽器の一種で、沖縄を代表する楽器です。
組踊で使われる琉球古典音楽の中心的な楽器として、演奏をリードします。

中国の弦楽器、三絃(サンシェン)が起源といわれています。三線の特徴は、胴の部分に蛇の皮が張られ、胴尻(どうじり)から棹(さお)の上まで3本の弦が張られていることです。その弦を水牛や山羊(やぎ)の角を加工した爪(つめ)で弾いて演奏します。そして、三線の繊細な演奏に物語の背景や登場人物の心情などを乗せて歌います。

また、三線の演奏者は歌唱も担当するため、「歌・三線」といわれます。

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る