• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

踊り

『二童敵討(にどうてきうち)』の阿麻和利(あまわり)は、組踊の男性の役柄の代表的なものの1つです
『二童敵討』2007年6月24日 国立劇場おきなわ
公演情報

組踊の演技は、立方(たちかた)と呼ばれる演者による、せりふの唱え(となえ)と演技、踊りで成り立っています。立方の演技や踊りの所作は、琉球舞踊の型が基本となっています。

琉球舞踊は、琉球王朝時代に冊封使(さくほうし)を歓待する宴(うたげ)で踊られ、王府の中で洗練された踊です。御冠船踊(おかんせんおどり)とも呼ばれていました。
「歌・三線(うた・サンシン)」を中心とした琉球音楽を伴奏に、独特な抑えた表現の所作で情感を表します。

組踊の所作は、役柄ごとに特徴があります。詳しくは「基本の所作」をご覧ください。

また、組踊の抑えた表現方法は、所作だけでなく物語の演出の中にも見られます。「舞台での約束事」をご覧ください。

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る