• ようこそ組踊へ
  • 組踊の歴史
  • 組踊の演出
  • 演目鑑賞
  • 組踊を楽しもう
  • 索引
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて

組踊の演出

小道具など

組踊で使われる主な小道具などを紹介します。
小道具・大道具には、役柄の性別や身分などによって使い分けられる物のほかに、役柄の心理状態を表す物、旅や屋外といった場面を表す物などがあります。

役柄の身分を表す小道具

小道具を用いる役柄の性別や身分、職業などを表す小道具です。

大城洋平撮影

大団扇(おおうちわ)

使用演目:
『二童敵討(にどうてきうち)』
役柄:
阿麻和利(あまわり)

『二童敵討』に登場する按司(アジ)[領主]、阿麻和利を象徴する小道具です。武将などが持つ軍配(ぐんばい)を表しています。

大刀(写真上)、小刀(写真下)
国立劇場おきなわ

大刀(だいとう)、小刀(しょうとう)

使用演目:
『二童敵討(にどうてきうち)』ほか
役柄:
阿麻和利(あまわり)

主に按司や士族の役柄が使用する小道具です。
『二童敵討』では、阿麻和利が持つ武人の魂の象徴として登場します。しかし阿麻和利は、二童の踊りに惚れて大小の刀を与え、すきを見せたため、その刀によって二童の敵討ち(かたきうち)にあうことになります。

国立劇場おきなわ

天冠(てんかん)

使用演目:
『銘苅子(めかるし)』
役柄:
天女

天上(てんじょう)の世界の人であることを表す、華やかに装飾された冠です。

大城洋平撮影

羽衣(はごろも)

使用演目:
『銘苅子』
役柄:
天女

天から舞い降りてきたことをイメージ出来るような軽々とした布で作られています。天女は、この羽衣をつけてすがすがしい舞を舞います。

国立劇場おきなわ

柄杓(ひしゃく)

使用演目:
『銘苅子』ほか
役柄:
天女

水を汲む柄杓です。天女が泉から水を汲む時の優雅なようすがわかる小道具です。

  • せりふ
    • 男吟(オトコジン)
    • 女吟(ヲゥンナジン)
  • 音楽
    • 節[曲]
    • 歌唱
    • 器楽
  • 踊り
    • 基本の所作
    • 舞台での約束事
  • 役柄と扮装(ふんそう)
  • 舞台
  • 小道具など
 

ページの先頭に戻る