1. 作品解説TOP
  2. 夏祭浪花鑑TOP
  3. ひもとく
  4. 作品の概要:第三 住吉鳥居前の段(あらすじ)

作品の概要

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章・語釈

第三 住吉鳥居前(すみよしとりいまえ)の段

玉島兵太夫(たましまひょうだゆう)は放蕩(ほうとう)で家名を汚す息子・磯之丞(いそのじょう)を勘当。磯之丞の行く末はお梶(おかじ)と団七(だんしち)に託されました。

第三:住吉鳥居前の段
第三:住吉鳥居前の段
第三:住吉鳥居前の段

今日は団七が釈放される日です。傷害事件を起こして堺に住むことを禁じられた団七は、大坂と堺の境界に近い住吉大社鳥居前で解放されます。団七と親しい老侠客(きょうかく)・釣船三婦(つりふねさぶ)は、お梶親子とともに、鳥居前まで出迎えにやってきました。

後ほど待ち合わせると決め、お梶親子は住吉神社にお礼参りに行きます。鳥居前に残った三婦の前に1丁の駕籠(かご)が通りかかり、法外な値を要求する駕籠かき[駕籠をかつぐ人足]と客との争いを三婦が仲裁(ちゅうさい)します。助けた客こそ、お梶から聞いていた玉島磯之丞とわかり、三婦は磯之丞をお梶の待つ料理屋へ行かせました。

団七が釈放されました。団七は、釈放に尽力してくれた玉島兵太夫に感謝し、その子息・磯之丞を、「命に代えても守る」と心に誓います。三婦は、先ほど磯之丞と偶然に出会ったことを告げ、団七を髪結い床へ行かせ、自分は待ち合わせの料理屋へ向かいました。

そこへ遊女・琴浦(ことうら)が、磯之丞を慕ってやってきました。琴浦につきまとう大鳥佐賀右衛門(おおとりさがえもん)が後を追ってきます。佐賀右衛門が、嫌がる琴浦を無理やり連れ去ろうとしたその時、団七が髪結い床から颯爽(さっそう)とした姿を現し、佐賀右衛門を追い払い、琴浦を磯之丞のもとへ行かせます。

佐賀右衛門の指図で、先ほどの駕籠かきと、一寸徳兵衛(いっすんとくべえ)と名乗る男が戻ってきて、琴浦を渡せと迫ります。団七と徳兵衛は激しく渡り合いますが、一報を聞き急ぎ戻ったお梶が、ふたりの中に割って入ります。お梶は、徳兵衛が以前お鯛茶屋で磯之丞の心を動かした身の上話をした男だと気づきました。徳兵衛が磯之丞の父・兵太夫の家来筋にあたることも明らかになります。団七も徳兵衛も、互いに玉島家ゆかりの者として、着物の片袖を取り交わし、磯之丞を守る誓いを交わすのでした。

髪結い床(かみゆいどこ)
閉じる

江戸時代、男の髪を結い、髭(ひげ)、月代(さかやき)などを剃るのを商売とした店。


ページの先頭に戻る