1. 作品解説TOP
  2. 夏祭浪花鑑TOP
  3. ひもとく
  4. 作品の概要:第一 堺お鯛茶屋の段(あらすじ)

作品の概要

  • あらすじ

 第一 堺お鯛茶屋の段

放蕩者(ほうとうもの)の玉島磯之丞(たましまいそのじょう)を改心させたのは、お梶(おかじ)の仕組んだ偽の身の上話でした。

泉州浜田家の家臣・玉島兵太夫(たましまひょうだゆう)の子息・磯之丞は、乳守(ちもり)の遊女・琴浦(ことうら)を身請けし、堺の戎島(えびすじま)にある「お鯛茶屋」で、同じ家中の大鳥佐賀右衛門(おおとりさがえもん)らと遊興にふけっています。佐賀右衛門は、以前から琴浦に横恋慕し、磯之丞を退けようと企んでいます。磯之丞は、誘われるまま遊びにうつつを抜かしているのです。

磯之丞の父・兵太夫や奥方に恩を受け、今では堺の魚売り団七(だんしち)の女房となっているお梶が、磯之丞に遊びをやめさせて連れ戻す役目を任されてやってきました。しかし、お梶の説得にも、磯之丞は従いません。そこへ浮浪者たちがなだれ込んできます。その中のひとりの男が、傾城狂い(けいせいぐるい:遊女に金をつぎ込んで夢中になること)で財産を失ってしまったという身の上話を涙ながらに語りました。その話が身に染みた磯之丞が、ついに帰り支度を始めます。お梶は、先程の男を呼び出し褒美(ほうび)を与えました。男は備中玉島の生まれで、罪を犯して追放となり、堺へ流れてきた一寸徳兵衛(いっすんとくべえ)という男でした。実はこれもお梶が磯之丞を家に帰すために仕組んだことで、それがまんまと成功したのでした。

注)現在「堺お鯛茶屋の段」は、ほとんど上演されていません。


ページの先頭に戻る