歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 取り巻く人々 > 狂言作者(勝能進)
前ページへ戻る

取り巻く人々

狂言作者 勝能進(文政3年[1820年]~明治19年[1886年])

経歴と特色

 江戸浅草生まれ。芸事などに入れ込むあまり家業の提灯問屋を傾け、嘉永7年(1854年)に黙阿弥(当時2代目河竹新七[かわたけしんしち])に入門し、繁河長治(しげかわちょうじ)を名乗ります。安政4年(1857年)、師匠の前名「諺蔵(げんぞう)」を譲られ竹柴諺蔵(たけしばげんぞう)となり、後には姓を勝(かつ)と改めます。明治維新後に大阪へ移住。新作が少なくなっていた大阪の劇界に多くの芝居を書き与えました。明治11年(1878年)には黙阿弥から初代新七の俳名(はいみょう:俳句の筆名)である能進(のうしん)の名前を譲られ、17年(1884年)には河竹姓を名乗ることも許されました。息子も狂言作者で3代目勝諺蔵を継いでおり、大阪で書いた作品の多くは親子での合作です。

黙阿弥との関わり

 能進は黙阿弥作品の合作者として、また「正本写(しょうほんうつし)」[芝居を絵入り小説の形にして出版したもの]化の際の作者として師匠を支えました。また、大阪では黙阿弥の作風を取り入れて多くの新作を書いたほか、多くの門弟を育てて上方(かみがた)にも黙阿弥一門の裾野を広げました。初代新七の俳名である能進の名前を与えられたことも、他に3代目新七にしか許さなかった河竹姓を名乗らせたことも、こうした功績を認めた黙阿弥のはからいでした。後半生は師匠と遠く離れた地で送ったものの、能進は黙阿弥の高弟とよぶにふさわしい人物でしょう。

主な作品

『君臣船浪宇和島(きみはふねなみのうわじま)』(明治6年[1873年])
『桜田雪誠忠美談(はなふぶきせいちゅうびだん)』(明治6年[1873年])
『娼妓誠開化夜桜(じょうろうのまことかいかのよざくら)』(明治10年[1877年])
また、現在の『扇的西海硯(おうぎのまとさいかいすずり)』(通称『乳母争い』)は、浄瑠璃(じょうるり)『那須与市西海硯(なすのよいちさいかいすずり)』を能進が改作した台本が元になっています。

ページの先頭に戻る