歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 取り巻く人々 > 狂言作者(3代目瀬川如皐)
前ページへ戻る

取り巻く人々

狂言作者 3代目瀬川如皐(文化3年[1806年]~明治14[1881年])

経歴と特色

2代目歌川国貞画
「俳優楽屋の姿見 下稽古」
(右下)3代目瀬川如皐の姿

 江戸の生まれ。呉服屋を営むかたわら、5代目鶴屋南北(つるやなんぼく)に師事します。天保10年(1839年)に絞吉平(しぼりきちべい)を名乗りますが、翌年に3代目姥尉輔(うばじょうすけ)の名で河原崎座に初出勤します。さらに天保15年(1844年)に4代目中村歌右衛門(なかむらうたえもん)に引き立てられ、藤本吉兵衛(ふじもときちべえ)と改名します。嘉永元年(1848年)、中村座の立作者(たてさくしゃ)となり、3代目の瀬川如皐を継ぎました。
 作品を多く書きあてた役者は8代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)や4代目市川小團次(いちかわこだんじ)でしたが、小團次が河原崎座へ転じてからは提携関係が途絶えます。潔癖な性分と伝えられていますが、作品にもその几帳面さが表れているようです。立案と創作性に優れ、4代目鶴屋南北(つるやなんぼく)と黙阿弥をつなぐ時代の作者として、その存在は大きいといえるでしょう。代表作のひとつ『東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)』(通称:『佐倉義民伝(さくらぎみんでん)』)は、日本で最初の農民劇と評価されます。また、合巻(ごうかん)の著作でも知られていますが、後半は筆力が衰退し、明治期(1868年~1912年)も新時代に対応した作品は創作できぬうち、『当的神明社掛額(あたりまとりょうしゃのかけがく)』(明治14年[1881年])を絶筆に、生涯現役作者として亡くなりました。

黙阿弥との関わり

 歌舞伎の退廃期ともいわれた天保・嘉永期(1830年~1854年)の劇界に、如皐は新進気鋭の作者として現われました。同じ5代目南北に師事した黙阿弥よりも、はじめは如皐の方が重んじられ、中村座の立作者になってからは『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』(通称『切られ与三』)などのヒットメーカーとして名を馳せます。如皐の作品には、その素材に合巻や講釈(こうしゃく:近代以降[講談(こうだん)])を用いたものが多く、この作劇法が黙阿弥の作劇に大きな影響を与えたと考えられます。不遇時代の黙阿弥は、如皐の活躍を見て複雑な心境におちいり、両国橋から身投げを考えたと語っているほどです。のちに黙阿弥が『處女翫浮名横櫛 (むすめごのみうきなのよこぐし)』(元治元年[1864年]、通称『切られお富』)を作劇していることにも、如皐へのライバル心が明確に表れています。  如皐と黙阿弥の情勢が逆転したきっかけが、小團次の中村座から河原崎座への移籍でした。安政元年(1854年)3月、黙阿弥は小團次のために『都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)』を何度となく書きなおして信頼関係を築き、以降、白浪物(しらなみもの)の名作が数多く生まれました。如皐の存在なくして、黙阿弥のその後の地位や作劇法はなかったといっても過言ではないでしょう。

主な作品

『東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)』(嘉永4年[1851年])
『与話情浮名横櫛(よはなさけうきなのよこぐし)』(嘉永5年[1852年])

ページの先頭に戻る