歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 作品の特色 > 新時代へ対応(活歴物)
前ページへ戻る

作品の特色

新時代へ対応

散切物

活歴物

能取物/松羽目物

豊原国周画
『新舞台巌楠』で児嶋三郎を演じる
9代目市川團十郎(中)

 明治期(1868年~1912年)のはじめに、それまでの歌舞伎や人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり:近代以降[文楽(ぶんらく)])で上演されてきた時代物で、物語の時代設定や登場人物の扮装が歴史的な資料から知ることのできる事柄と食い違いがあったり、わざとずらしていることが多いのは「正しくない」と考えられたことがありました。そこで史実になるべく忠実に作った台本を、たとえば絵巻(えまき)などで知ることのできる衣裳・道具を写して作ったり、実物に近いものを使って上演しようとした時代物の作品群を「活歴(かつれき)」または「活歴物(かつれきもの)」と呼びます。「活歴」という語は、当時の新聞で用いられた「活歴史(「いきれきし」または「かつれきし」)」の語が縮めて用いられるようになったもので、舞台の上で生きた人間が歴史をそのまま演じて見せるという意味が含まれています。

人物と背景

 熱心に実践したのは9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)です。團十郎は、大げさな演技や舞台装置などで観客の興味を引くのではなく、内容の正しい作品を演じることが正しい歌舞伎のありかただと考えていたようです。そして、正しいありかたのひとつが活歴であると考えていたのです。東京府と警察は、歌舞伎の内容に勧善懲悪(かんぜんちょうあく)を心がけさせ、上演のしかたを細かく取り締まる規則も作りました。また政財界の人々は、日本を代表する演劇として、歌舞伎に新しい時代の動きに合わせた内容を上演するよう求めました。團十郎の考えた「正しさ」には、そうした様々な要求が影響していたと見ることができるでしょう。

経過

 團十郎は明治初期から活歴物に含まれる作品、たとえば『桃山譚(ももやまものがたり)』(明治2年[1869年]、のちに『増補桃山譚(ぞうほももやまがたり)』)や『新舞台巌楠(しんぶたいいわおのくすのき)』(明治7年[1874年])を上演しています。新作を上演しつつ、もともとあった歌舞伎の作品にも活歴の演出をさかんに行ったのは明治10年代です。明治16年(1883年)[一説に17年]には歴史考証家・美術家たちを中心に、團十郎にアドバイスする人々の会として「求古会(きゅうこかい)」が結成されました。しかし、一般観衆には活歴はおもしろくないと評判が悪く、やがて團十郎自身の情熱も薄れました。ただ、この経験は團十郎にとってむだにはならず、ほかの歌舞伎の作品をより深くおもしろく見せるために役立ったようです。

影響

 政財界の人々が中心となって、明治10年代末から20年代初頭に行われた演劇改良運動(えんげきかいりょううんどう)は、活歴物が求めた演劇のありかたをさらに広く考え、実践しようとした運動でした。この運動に関わり、改良劇場として歌舞伎座を創立した人のうちの1人が福地桜痴(ふくちおうち)です。桜痴は團十郎のために活歴の演出を含む作品を多く書いています。その中で現在も上演されているのが、たとえば『大森彦七(おおもりひこしち)』や『鏡獅子(かがみじし)』です。

ページの先頭に戻る