歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 作品の紹介 > 代表作品(都鳥廓白浪~あらすじ~)
前ページへ戻る

作品の紹介

代表作品

都鳥廓白浪

概要
あらすじ
鑑賞のポイント
コラム

 マークの場名をクリックすると別ウィンドウで現代地図より舞台背景をご覧いただけます

惣太、十右衛門、丑市のだんまり
「長命寺堤の場」
惣太の女房・お梶と花子の身請けを約束する惣太
「向島惣太内の場」
おまんまの立廻り
「原庭按摩宿の場」
序幕:三囲稲荷前(みめぐりいなりまえ)の場
同:長命寺堤(ちょうめいじづつみ)の場

 京の名門吉田家は、御家騒動の末に当主・惟貞(とうしゅ・これさだ)が殺され、お預かりの重宝「都鳥の印(みやこどりのいん)」を紛失したため、家は没落して嫡子(ちゃくし:長男)の松若丸(まつわかまる)は行方不明となりました。奥方の班女御前(はんじょごぜん)と次男の梅若丸(うめわかまる)は中間・軍助(ちゅうげん・ぐんすけ)を供に、旧臣・山田六郎(きゅうしん・やまだのろくろう)を頼り江戸へ下ります。しかし追手が迫って別れ別れになってしまいます。
 梅若丸は癪(しゃく)をおこし、男伊達(おとこだて)姿の盲目の男・忍ぶの惣太(しのぶのそうだ)に介抱されます。惣太こそ山田六郎で、主家のために「都鳥の印」を手に入れたものの代金百両の支払いに困っていました。惣太は梅若丸が2百両を持っていることを知ると、借用を頼みますが断られ、主人とは知らずに梅若丸を争ううちに誤って殺してしまいます。そこに按摩(あんま)の宵寝の丑市(よいねのうしいち)、男伊達の葛飾十右衛門(かつしかじゅうえもん)、遊女の花子(はなこ)が登場し、4人は暗闇の中で2百両と吉田家の系図を奪いあいます。最後に十右衛門と惣太が百両、丑市が系図を手に入れます。

2幕目:向島惣太内(むこうじまそうだうち)の場

 惣太の住家では、女房・お梶(おかじ)が桜餅(さくらもち)を商っています。惣太は植木屋ですが、男嫌いで有名な遊女・花子のもとに通い詰めており、生活は楽ではありません。そこに十右衛門からの身請け(みうけ)話を嫌った花子が逃げ込み、惣太は身請けを約束します。
 惣太は取り立てによって「都鳥の印」を奪われそうになりますが、昨晩入手した百両と、お梶の兄と明らかになった十右衛門から百両を与えられたために事が収まり、身請け代も支払います。すると花子は秘かに3人の男を内に呼び入れ、家財道具を盗ませます。花子の正体は男で、天狗小僧霧太郎(てんぐこぞうきりたろう)という盗賊だったのです。惣太は何も知らずに按摩を呼びますが、それも霧太郎の手下の丑市でした。花子と丑市は美人局(つつもたせ:夫婦が共謀し恐喝や詐欺行為を行うこと)で、去り際に「都鳥の印」を盗みます。
 惣太は舅・軍助(しゅうと・ぐんすけ)の話から、昨晩殺した子どもが梅若丸であったことを知ります。吉田家伝来の秘薬とお梶の自己犠牲によって眼病が治り、惣太は「都鳥の印」を取り戻すために花子と丑市を追うのでした。

大詰:原庭按摩宿(はらにわあんまやど)の場

 花子こと霧太郎は色仕掛けで丑市を油断させ、出刃で刺し殺します。霧太郎の正体は松若丸で、御家再興(おいえさいこう)に必要な「都鳥の印」を探すために盗賊となったのです。松若丸は丑市が持つ吉田家の系図を取り戻し、さらに「都鳥の印」を追ってきた惣太を殺します。惣太は霧太郎の正体を知り、梅若丸の仇(かたき)としてわざと松若丸に討たれたのです。やがて大勢の捕手(とりて)に囲まれますが、松若丸は手下の木の葉の峰蔵(このはのみねぞう)と共に、悠々と飯を食べながら立廻り(たちまわり)をするのでした。

注釈:ここでは、国立劇場第103回歌舞伎公演をもとに、「あらすじ」を紹介しています。
台本は、『黙阿弥全集』第2巻に収録されています。

ページの先頭に戻る