歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 黙阿弥とその時代 > 歌舞伎をめぐる動き(演劇改良運動と天覧劇)
前ページへ戻る

黙阿弥とその時代

歌舞伎をめぐる動き

地図で見る Flashアニメーション 江戸三座の動き/黙阿弥の住居

演劇改良運動と天覧劇

欧化主義と改良への試み
月岡芳年画
明治20年(1887年)4月に催された
「天覧劇」において、9代目市川團十郎
が扮した『勧進帳』の弁慶を描いたもの

 江戸時代では庶民に人気のあった演劇を、これからは上流階級の人々の鑑賞に堪える高尚なものにしなくてはならないという考えが、政府関係者や一部の俳優や劇場主の間に生まれ、実際に脚本の内容や演出などさまざまな改革が試みられました。劇界でこの動きの中心となったのは、9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)と新富座の座主・12代目守田勘弥(もりたかんや)らで、團十郎は歴史的な考証に基づく「活歴(かつれき)」を積極的に上演し、勘弥は上流階級の人々と交流し、海外の要人を新富座の客席に迎えるなどしました。
改良運動が頂点に達したのは、西洋の演劇に詳しい末松謙澄(すえまつけんちょう)を婿に持つ伊藤博文(いとうひろぶみ)の内閣が成立した明治18年(1885年)頃からで、翌年の明治19年(1886年)に末松らが「演劇改良会」を結成、明治20年(1887年)4月には、外務大臣井上馨(いのうえかおる)邸において明治天皇による観劇[天覧劇]が実現されるまでになりました。しかし、演劇改良には反発も強く、以降は勢いを失っていったのでした。

ページの先頭に戻る