歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 黙阿弥とその時代 > 歌舞伎をめぐる動き(散切物/活歴物の始まり)
前ページへ戻る

黙阿弥とその時代

歌舞伎をめぐる動き

地図で見る Flashアニメーション 江戸三座の動き/黙阿弥の住居

散切物/活歴物の始まり

 明治期(1868年~1912年)になると社会の変化を反映して、歌舞伎にもこれまでにない傾向を持った作品が現れるようになりました。その代表的なものが「散切物」と「活歴物」です。それぞれ、従来の歌舞伎の世話物と時代物の延長線上にありながら、明治の新風俗を取り込んだり、江戸時代には幕府による取り締まりのために不可能であった演出が試みられるなど、明治ならではの特徴を持っています。

散切物
歌川 周重画
『東京日新聞』

 「散切り頭(ざんぎりあたま:髷[まげ]を切り落とした短髪のこと)」に代表される明治の新風俗を劇中で描いた、明治期の現代劇ともいうべきものです。演劇化したのは上方(かみがた)が先でしたが、東京では明治6年(1873年)に黙阿弥が書いた『東京日新聞(とうきょうにちにちしんぶん)』という作品が最初とされており、古い慣習に固執する主人公が、自らの犯した殺人の嫌疑が友人に掛かっていることを新聞で知り自首する筋は、刊行開始から間もない新聞を効果的に用いたものです。しかし、時代の風俗と密接に結びついた散切物は、ともすると江戸の世話物以上に古臭く感じられがちで、今日では『島鵆月白浪(しまちどりつきのしらなみ)』(明治14年[1881年])、『水天宮利生深川(すいてんぐうめぐみのふかがわ)』(明治18年[1885年])など、黙阿弥が書いた数点の作品が上演されるのみとなっています。

活動歴

 史実にこだわらない自由な発想で作られた江戸時代の時代物に対し、人物の歴史通りの行動を描き、正しい時代考証に基づく扮装をするなど、写実的で史実を重視した歴史劇も作られ、「活(い)きた歴史」という意味から「活歴」と呼ばれました。主導した9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)は、若い頃からこうした歴史劇への憧れを抱いていましたが、幕府の監視下での実現は困難で、新時代になり各界の専門家や黙阿弥の協力のもとでようやくこれを実現させました。明治20年代からは、政治家・新聞記者の福地桜痴(ふくちおうち)が多くの作品を執筆しました。しかし、團十郎の意気込みとは裏腹に当時の観客の評判は悪かったのです。現在、活歴物は黙阿弥作『高時(たかとき:本名題『北條九代名家功(ほうじょうくだいめいかのいさおし)』)』(明治17年[1884年])以外の作品はまず上演されません。

ページの先頭に戻る