歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 黙阿弥とその時代 > 歌舞伎をめぐる動き(守田座の新富町移転~新富座洋風改装~ )
前ページへ戻る

黙阿弥とその時代

歌舞伎をめぐる動き

地図で見る Flashアニメーション 江戸三座の動き/黙阿弥の住居

守田座の新富町移転~新富座洋風改装~

近代的な大劇場へ
3代目歌川広重画
明治14年(1881年)の新富座

 もともと森田座として木挽町(こびきちょう)に創設された守田座は、天保の改革(天保12年~14年[1841年~1843年])によって猿若町(さるわかまち[ちょう])へ移転後、安政5年(1858年)に「森」を「守」に改めます。明治5年(1872年)、新富町(しんとみちょう)へ移転。歌舞伎の近代化に熱心だった興行主・12代目守田勘弥(もりたかんや)が近代的な機構を備えた大劇場として建築します。明治8年(1875年)に「新富座」と改称、翌年に類焼し、明治11年(1878年)に新築開場します。
 陸海軍の洋楽演奏を用いた開場式には、外国からの賓客や大臣などの名士を招待し、役者をはじめ座の一同が燕尾服(えんびふく)の洋装で舞台に並び、すべてを西洋式に執り行いました。黙阿弥も、この時には生涯でただ一度の洋装をしています。
 以降、演劇改良を唱える依田学海(よだがっかい)や福地桜痴(ふくちおうち)らの示唆に基づき、黙阿弥が書いた翻案劇や、外国人俳優を起用した新作劇などが次々と上演され、文明開化の社交場ともなっていきます。財政的な困窮や数度の座名変更を経て、大正12年(1923年)に関東大震災で焼失するまで興行を続けました。

ページの先頭に戻る