歌舞伎編「黙阿弥」

  • 文化デジタルライブラリーへ戻る
  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 早わかり
  • 黙阿弥とその時代
  • 取り巻く人々
  • 作品の特色
  • 作品の紹介
TOP > 黙阿弥とその時代 > 歌舞伎をめぐる動き(團菊左時代の到来)
前ページへ戻る

黙阿弥とその時代

歌舞伎をめぐる動き

地図で見る Flashアニメーション 江戸三座の動き/黙阿弥の住居

團菊左時代の到来

活歴物(かつれきもの)と散切物(ざんぎりもの)
3代目歌川国貞画
團菊左による「勧進悵」

 明治期(1868年~1912年)、文明開化の流れは歌舞伎にも大きな影響を及ぼしました。
 9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)は、従来の歌舞伎の虚構性を改め、扮装やセリフも実際に近づけて、とくに史実に則した時代物を演じたいと望みます。それは、歌舞伎を政府高官や外国からの賓客の観劇に堪える演劇へ改良したいという、明治政府や知識人たちの考え方と一致することになり、演劇改良運動が起りました。
 明治11年(1878年)10月の新富座に黙阿弥が書いた『二張弓千種重藤(にちょうのゆみちぐさのしげどう)』で実盛(さねもり)を演じた9代目團十郎の新演出が、仮名書魯文(かながきろぶん)によって「活歴[活(い)きた歴史]」と評され、以降「活歴物」と呼ばれる作品群が生まれました。この9代目團十郎の活歴物に対抗し、世話物を得意とした5代目尾上菊五郎(おのえきくごろう)は、髷(まげ)を切った新時代の人物を描く「散切物」に力を入れます。同時期に活躍した初代市川左團次(いちかわさだんじ)も加えた3名は「團菊左」と並び称され、9代目團十郎と5代目菊五郎が没する明治36年(1903年)まで名演を競う一時代が築かれました。

ページの先頭に戻る