『葵上』早わかり

  1. 『葵上』
  2. 『葵上』早わかり

『葵上』に初めてふれられる方のために、あらすじを動画にまとめました。ご覧下さい。

葵上(あおいのうえ)
作  者 : 作者未詳・世阿弥(ぜあみ)改作
年  代 : 室町時代
題  材 : 『源氏物語』 「葵」の巻
季  節 : 無季
場  数 : 2場
舞  台 : 都の左大臣邸[京都]
登場人物 : 〔前シテ〕六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生霊
〔後シテ〕鬼相の六条御息所の生霊
〔ツレ〕照日の巫女(てるひのみこ)‏
〔ワキ〕横川小聖(よかわのこひじり)‏
〔ワキツレ〕廷臣[朝廷に仕えている臣]
〔アイ〕左大臣家の従者
あらすじ
あらすじ

光源氏の正妻である葵上は、執拗な物怪(もののけ)に悩まされ、病の床にふせっていました。そこで、朱雀院(すざくいん)に仕える臣下が、照日の巫女を左大臣邸に招き、物怪の正体を占わせます。巫女が弾く梓弓(あずさゆみ)[霊魂を呼び出すのに用いる弓]の音に引かれて、六条御息所の生霊が現れ、皇太子妃だった花やかな昔に比べ、源氏との仲が遠ざかり、顧みる人もいなくなった今の境遇を嘆きます。そして、賀茂の祭に先立つ斎院御禊(さんいんごけい)の日の「車争い」で、葵上一行に辱めを受けて以来、抑えることのできなくなった、尽きせぬ恨みや嫉妬を告白します。ついには、高ぶる感情を抑えきれず葵上を激しく打ち据え、破れ車(やれぐるま)[車争いで壊された車]に乗せてあの世へ連れ去ろうといって姿を消します。葵上の容態の急変に比叡山(ひえいざん)横川の行者が呼ばれ、祈祷(きとう)を始めると、嫉妬と恨みのあまり鬼相となった六条御息所の生霊が再び姿を現します。生霊は行者の法力と激しく戦いますが、御仏の声に祈り伏せられ、ついには悪心を捨て、成仏する身となります。

閉じる

斎院御禊(さんいんごけい)の日

賀茂神社に奉仕する斎院[未婚の内親王または女王]が、賀茂川の河原で禊(みそぎ)を行う儀式の日。

閉じる

ページの先頭に戻る